ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関和亮x岡崎能士xYUKA(SECONDWALL)「音楽は聴くだけの時代じゃない」帰ってきたもぐもぐインタビュー

関和亮-11

映像世界の第一線で活躍する関和亮氏の仕事が面白い。

MVの制作だけにとどまらず、CM制作、ドラマの監督・演出、バンドのアートディレクションなど、多岐にわたり活躍を続けている。
「肩書きはいらない、肩書きが仕事の幅を狭めるから。」と語る関和亮氏の名刺には、一切肩書きが書かれていない。

ガジェット通信では、5年ほど前にもインタビューを行っており、その間に様々な話題となった作品を作り続けてきた。
乃木坂46 『涙がまだ悲しみだった頃』、OK Go 『I Won’t Let You Down』、星野源 『SUN』、SEKAI NO OWARI 『Dragon Night』、AKB48 『ハロウィン・ナイト』、水曜日のカンパネラ『マッチ売りの少女』……。

◼︎過去のガジェット通信インタビュー
関和亮 x 真鍋大度 もぐもぐインタビュー「声を映像化したかった」
https://getnews.jp/archives/128411

そんな5年間と、現在取り組んでいるバンドプロジェクトについて、イラストレーター岡崎能士氏と、SECONDWALLのVocal、YUKAさんにも同席してもらい、いろいろと話を聞くことができた。
今回も、リラックスした状態でインタビューを行うため、都内某所の焼肉屋でもぐもぐご飯を食べながら語っていただこう!

関和亮-4

■関和亮 PROFILE
映像ディレクター、スチールカメラマン、ミュージック・ビデオの演出などを数多く手掛ける。主なMV作品:OK Go『I Won’t Let You Down』、星野源 『SUN 』、SEKAI NO OWARI『Dragon Night』etc・・・。
Perfume 『Dream Fighter』 MVA BEST CHOREOGRAPHY VIDEO 受賞。サカナクション 『アルクアラウンド』 第14回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞 受賞。株式会社 トリプル ・オー(OOO)

■岡崎能士 PROFILE
1974年、神奈川県生まれ。多摩美術大学・彫刻科卒業。「AFRO SAMURAI」の原作者。
イラスト、漫画、キャラクターデザイン等を中心に、国内外で活動。
1999年から自費出版誌『ノウノウハウ』で連載していた漫画『AFRO SAMURAI』が、プロデューサー&声優にサミュエル・L・ジャクソンを向え、まさかのアニメ化。北米でのTV放送(SPIKE TV)され、高い評価を受ける。
続編である「AFRO SAMURAI:RESURECTION」が第61回プライムタイム・クリエイティブアートエミー・アワード、長編アニメ部門にノミネートされる。

■SECONDWALL PROFILE
Ba.YU-SUKE Gt.APG Vo.YUKA Dr.SHOHEI Gt.RYO
女性ヴォーカル5 ピースバンド。結成から約半年後にaudioleaf で公開されたデモ音源が、僅か二日で総合チャート1 位の座を獲得。国内外のROCK、EMO、PUNK サウンドを軸に、J-POP からの影響を独自の感性でブレンドしたスタイルが多くの人を惹きつけている。
4月13日に、3rd mini album 『OVER』をリリース。

技術は本当にやりたいことを表現するツール

関和亮-10

――お久しぶりです! 以前のインタビューから5年経ちましたが、この5年間いかがでしたか?

関和亮:子どもができたので、あの頃とは違いますね。守るものができるってこういうことなのか! って思いました。

――やはり以前とは仕事のやり方も変わりましたか?

関和亮:単純に早寝早起きするようになったので、わかりやすい感じに変化するものだなと思いました。仕事のやり方もそういうことができるように、段取り良くなるし、夜遅くまで作業はできないなと。


――お父さんですね(笑)。2014年に、『OK!GO』のMVなど、ドローンを使った撮影が話題になっていましたが、最新撮影技術などに注目していますか?

関和亮:そういうアンテナを張ってる人からしたら全然ですけど、いろんなことができてるのがいま(現在)なので、やりたいことがあるから、これやるには、“どうしたらいいのか? ”、“こういうのがあった! ”とか見つかりやすくなってますよね。

今までは、空撮するには本物のヘリコプターをチャーターしなければいけなかったし、部屋の中から最後上空まで飛ぶのにどうやったらいいだろうって考えてる時に、最初は手持ちで、カメラマンがクレーンで吊られてなんてことも考えてたけど、カメラマンさんが「最初から『ドローン』で撮ればいいんじゃない? 」ってポロっとひとこと言って、「え!? そんなことできるの? 」と、『ドローン』があれば撮影できるとわかって、それまで『ドローン』を知らなかったんだけど、そういうのあるんだったら使ってみようとなって初めて使ったんですよね。

――よく瞬間で判断して、『ドローン』を使おうってなりましたね。

関和亮:それをパッと言われて、『ドローン』使ったら全部できるねって急に道が開けたから、これを使わない手はないと。

今だと、プロジェクター系や、モーションキャプチャーとか凄いんですよ。最近も撮影したんですけど、こいつを捕らえろと決めると全て解析して撮ってくれたりとか、それを何回も再現するとか、合わせてCGを作るとか、こういうことまでできるんだって、自分が考えるよりも技術の進化の方が早いんですよ。そう言った技術をあとはどう使うかなので、それは本当に自分が何をやりたいかになるので……。

あれ? すごいまともなこと言ってない(笑)? 

1 2 3 4 5 6次のページ
周二郎の記事一覧をみる

記者:

音楽や写真や映像やコトバをあなたに届けます。 ガジェット女子担当(http://girls.getnews.jp/) 写真の撮影依頼承ります。

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。