関和亮 x 真鍋大度 もぐもぐインタビュー「声を映像化したかった」

access_time create folderエンタメ
関和亮さんと真鍋大度さん

音を見る、映像を聴く。体験する音楽。

インターネットではかつて“動画”がリッチコンテンツといわれていた時代があった。現在では高速なインターネットの回線が整い、マシンパワーも格段に上がって、気軽に動画に触れる事ができるようになってきた。それに伴い『YouTube』や『ニコニコ動画』などの動画サイトで音楽に接することが多くなり、音楽の楽しみ方にも変化が現れてきた。音楽はただ耳で聴くだけのものではなく、映像も含めた視覚的要素も大きくなってきたのだ。

音楽は、観て体感するものに変化してきているのだ。

そんな時代に、映像と音との融合、メディア・アートとの融合により、まったく新しい舞台を作り上げる二人のクリエーターがいる。


関 和亮(セキ カズアキ)氏。
Perfumeのビジュアル面の総合ディレクションをこなし、MV制作を手がける映像ディレクター。先日、サカナクション『アルクアラウンド』のMVで 第14回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞 受賞し、Perfume 『DreamFighter』では MVA BEST CHOREOGRAPHY VIDEO 受賞と、いま乗りに乗っている映像ディレクターの一人である。

真鍋大度(マナベ ダイト)氏。メディア・アート、インタラクティブ・デザインの若き奇才。石橋素氏との共作『particles』が2011年度アルスエレクトロニカ準グランプリ受賞、Alvaro Cassinelli氏との共作『scoreLight』が第13回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞、そしてプログラマー、サウンドデザイナーとして参加した『Nike Music Shoe』はOne Show, Cannes Lionsなどで受賞。カーネギーメロン大学にて行われたopenFrameworksのdevelopers meetingに参加するなどプログラマーとしても活動している。

この二人の科学反応で生み出されていく映像と舞台演出の裏側を探る。

今回はご飯でも食べながら気楽にインタビューでも、と恵比寿にある『かき小屋』にて、わいわい海鮮バーベキューをつつきながら話を聞くことに。なんて思っていたら、かなり興味深い話を聞くことができました!思う存分制作の舞台裏を語っていただきます。

海外メディアも大注目!光る歯!?

真鍋大度さん

記者:えっと…。とりあえず関さん、まだですね……(前の現場からまだ移動中とのこと)。

一同:(……。)

記者:ま、とりあえず生牡蠣でも注文しつつ、真鍋さんのお仕事について質問させてください。

真鍋:最近関わったものですと、LAFORET GRAND BAZARの『Geee face』というCMですね。女性の歯がLEDで光るんです。2008年頃に石橋素氏、柳澤知明氏とダンサーのために制作していた装置を提供しました。

記者:あ!今年のはじめの頃に流れてたヤツですよね!見ました、あれ真鍋さんがやられてたんですね。

真鍋:そうなんですよ。お陰さまで海外のメディアでも取り上げてもらって、まさかここまで話題になるとは思っていなかったですね(笑)。

記者:『NEWYORK TIMES』の記事になったとか!?

真鍋:はい。『NEWYORKTIMES』の記事では日本の若者のあいだでは、こういうものが流行っているという、少しユニークなアプローチの記事でした。

ライターのNick Bilton氏はもちろん本当には流行っていないことは知っていたと思います。その記事の影響力は非常に大きくて、イギリスの『ガーディアンズ』紙を初めとしたメディアが本当に流行っているかの様な記事を書いてどんどん拡散していったという感じです。その後は『Japan Times』が「本当は流行っていない」という記事を書いたりもう本人達の手の届かないところでどんどん議論が進んでました。

「10万個売ってくれ!」といってくる人もいましたね。『Gold Dentist』等、歯医者さんの専門誌にも掲載されました。

記者:すごい拡散ですね。実際おもしろいから拡散したのでしょうね。

真鍋:ブラジルのニュース番組にまで取り上げられて、日本から中継でニュース番組に出演もしましたね。日本の裏側にまで到達して宣伝効果抜群のCMになったと思います。プロダクトを作ることも考えたのですが、中国の業者が似た様な製品を勝手に作って販売していました。

記者:ほかにも、海外でも話題になったといえば……。

店員:ハイ! お通しの蒸し牡蠣ね、1kgになります!

一同:えっ!? 1kg!!? すごいボリューム!

記者:あ、すみません。話し戻しますね(笑)。海外でも話題になったといえば『electric stimulus to face』。こちらは『YouTube』で160万再生を超えてらっしゃいますよね。

真鍋:代表作のようになってますね。あのビデオ自体は作品の制作途中で撮影したテスト動画です。コメントには「fakeだ!」という書き込みが結構多かったのですが、その辺のリアルかフェイクか良くわからないところが話題になった要因でしょうか。CNN、ディスカバリーチャンネル、MTV、Metroなど色んなメディアに出ました。問い合わせも数千件メールがきましたからね。

記者:ものスゴイ影響ですね!

真鍋:外的電気信号によって笑顔は作れるのか、センサーと組み合わせることで表情はコピーすることができるのか、と言った様な問題提起から制作が始まっていますが、コラボレーターの生体アートの第一人者、照岡正樹さんによるテクニカルなサポートとアドバイスによるところが大きいです。

韓国のクイズ番組で変わった特技の持ち主と言うことで勝手にビデオが使われていたのが面白かったですね。顔を音楽に合わせて高速に動かしていると思ったようです(笑)。


と、ここで関和亮氏がさっそうと登場。

関:なに? ココすごい牡蠣好きのパーティーみたいになってるけど、大丈夫!?

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

周二郎

周二郎だよ! フリーランスのカメラマン 様々な人生に出会い撮り続けています。 写真の撮影依頼承ります。 instagram: https://www.instagram.com/shu_ut/

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧