ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ルピタ・ニョンゴ、マーベルの映画『The Black Panther(原題)』に出演交渉中
  • 映画のスタイルを変貌させる話『シネマコンサート ゴジラ音楽祭』が凄まじくて腰が抜けた
  • 映画館にひとりも観客が来なかったら上映するの? 映画館に聞いてみた
  • 全米最大のコミックイベント『Comic-con(コミコン)』が開催!!
  • 陛下が! オコエが! 大迫力アクション『ブラックパンサー』で最もテンションのアガる本編映像解禁
  • 岩井俊二監督の「『闇金ウシジマくん』映像化してみたい」に真鍋先生感激! 『リップヴァンウィンクルの花嫁』トークショー
  • 【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が決定
  • 【独占記事】マイケル・キートン、リブート版映画『スパイダーマン』で悪役を演じる交渉中
  • ディズニー、『スター・ウォーズ』のオビ=ワン・ケノービを描く映画を製作へ
  • 「ここまでオタクの気持ちを汲み取った映画があったでしょうか!」十束おとは(フィロソフィーのダンス)が『MCU』10年の愛を叫ぶ!
  • MIYAVI×『無限の住人』コラボMV解禁! 「無限の住人は、木村拓哉さんの人生の新たなる岐路、出発点なんだろうな」
  • 5月25日が「ターミネーターの日」に正式決定! シリーズ一作目から30周年を記念
  • 「手塚治虫のブッダ」第二弾公開記念!「手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-」特別上映会
  • 人気声優・山本希望&福原綾香&金子有希がマーベル女子会に「アッセンブル!」映画『キャプテン・マーベル』の見所ポイントは?【後編】
  • 映画『ルパン三世』のメインテーマに布袋寅泰! 「TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-」
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/10/16号:コミック実写化『彼岸島 デラックス』、黒沢清最新作『ダゲレオタイプの女』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

名作ゲーム『ミサイルコマンド』はなぜ愛されるのか?ウェブゲームにも続くその伝統

1980年にATARIが発売した名作アーケードゲーム『ミサイルコマンド(Missile Command)』。敵ミサイルから都市を防衛するために、迎撃ミサイルで攻撃するという、冷戦時代を反映した内容のシューティングゲームでした(マンガ『ゲームセンターあらし』では、ホントに核戦争で使われていた)。トラックボールで照準を操作し、ボタンでミサイルを発射するという斬新な操作パネルを持ったきょう体は、ゲームセンターに足を運ぶ当時の少年たちに未来への夢を与えてくれました。

そして21世紀。筆者を含め、もはやオッサンになったあの日の少年たちは、今でも『ミサイルコマンド』に夢中になっています。昨年、ATARIから『iPhone/iPod Touch』用アプリケーションとしてリメイクされた本家『Missile Command』がリリースされ、ウェブゲームでも『ミサイルコマンド』にリスペクトを捧げた作品『SHEILD COMMAND』『MISSILE WARNING』がリリースされています。なぜこのゲームはここまで愛されているのでしょうか(写真をすべて見る)。

『iPhone/iPod Touch』用アプリ『Missile Command』は、グラフィックから操作系まで一新して、新しいゲームに生まれ変わっています。豪華なグラフィックも必見ですが、特筆すべきはその操作系。『iPhone/iPod Touch』のマルチタッチに対応しているので、画面をタップした個所に照準が合ってミサイルが発射されます。一度に複数個所にミサイルを撃って弾幕を張れるのは、オリジナルのファンにとってもうれしい機能ですね。もちろん、オリジナルのバージョンも収録しているので、昔を懐かしんで遊ぶこともできます。『iTunes Store』で600円で販売中です。

『SHEILD COMMAND』は、ミサイルではなくシールドを張って都市を守るアレンジのFlashゲーム。マウスで照準を操作し、クリックでシールドを張ります。パワーゲージがゼロになると張れなくなるので、ゲージの回復度合いを見ながら戦略的にシールドを設置するのが攻略のカギ。シールドは徐々に減衰し、中心にあるコアに被弾すると爆発します。誘爆して、せっかく張ったシールドが全部壊れてしまうこともあるので要注意です。マウス操作でコツコツとシールドを張っていく操作が小気味よく、一見地味ですが後を引く面白さがあります。

『MISSILE WARNING』は、シューティングゲームの性格を強めてアレンジしたShockwaveゲーム。落下してくる弾やミサイル、敵機を迎撃ミサイルで攻撃するのですが、迎撃ミサイルは連射が可能。照準をマウスで操作して、クリックで迎撃ミサイルを発射します。迎撃ミサイルが照準の位置で爆発し、敵弾を巻き込んで誘爆できる点はオリジナルと同じルール。クリック連打で弾幕を張り、どんどん爆発させる爽快感が売りになっています。スピーディーな展開は、オリジナルファンには賛否両論ありそうですが、現代的なアレンジという意味では成功している作品と言えるでしょう。

冷戦時代は終わったものの、半島から核ミサイルが飛んで来るかもしれない今日の日本。現在の何かモヤっとした閉塞感と、逆にイケイケだった80年代への郷愁が『ミサイルコマンド』の人気を支えているとしたら、ちょっと寂しいお話ですね。それよりも、トラックボールという新鮮なインタフェースでゲームを遊んだ楽しさが、上記のゲームではマルチタッチやマウスといった現在のテクノロジーにより、より快適さを増して再現できることが、現在の人気に結びついていると考えてもよいのではないでしょうか。ちなみに、オリジナル版をマウスで遊べるJava版のゲームも公開されています(この記事の配信元はこちら)。

関連リンク
Missile Command(『iTunes Store』で配信中)
SHEILD COMMAND(『モゲラ』にて公開中)
MISSILE WARNING(『モゲラ』にて公開中)
オリジナルのJava版(『Atari Play』で公開中)

■関連記事
今こそアツい!レトロアクションゲーム『UNCF』
8ビット機の雰囲気に癒される?『セーラー服野球拳』
まるで“お姉さんの万華鏡”?! シューティングゲーム『弾幕なお姉さんが本気を出したようです』
黄色いレオタードを着たシカのマスクが大暴れ!のFlashゲーム『レオタード仮面』
ユニットの個性が彩る“スター・システム”の原点――防衛シミュレーションゲーム『地面防衛軍』

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき