ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新宿で最高に旨い「関あじ」を食す!@『すし処 鮨丸』 新宿

susimaru-15_R

今回はランチがお得な新宿の『すし処 鮨丸』を紹介してみたいと思います。

とにかく美味い魚にこだわっていて、その時に「一番美味しい魚」を仕入れる事に力を入れているお店です。

ランチも人気の『すし処 鮨丸』

susimaru-3_R

ランチメニューは「850円」からあり、非常にお得な価格設定になっています。

なので、平日でも満席になる事が多く、新宿ではかなり人気のある店のようです。

susimaru-6_R

筆者が訪れた時も12時過ぎには、カウンター席は満席になっていました。

なので『LINEグルメ予約』で予約してから訪れる事をお薦めします。今や誰もが使っている『LINE』の便利な無料アプリを活用しない手はありません。

まずはビールで喉を潤す

susimaru-5_R

明るい昼間のうちから飲むビールって最高ですよね。まさに休日ならではの愉しみで、いつもよりビールが美味しく感じます。

『すし処 鮨丸』では、ビールの他にも日本酒が多く取り揃えられていて、お酒を愉しみながら寿司を食べる事が出来ます。

筆者の好きな日本酒『天狗舞』も置いてあり、なかなかの銘柄が揃えてあります。

『特選おまかせにぎり』

susimaru-7_R

どれを食べるか悩む所ですが、せっかくの機会なので『すし処 鮨丸』のイチオシである

『特選おまかせにぎり』

を食べてみる事にします。その日仕入れた魚の中でも、特に厳選された魚を、板前さんが厳選し握ってくれます。

susimaru-2_R

「一番美味しい寿司が食べたい」

と思ったら、やはり魚のプロに聞くのが一番で、その日のお薦めがズラリと揃う『特選おまかせにぎり』は、かなりお得なメニューなのです。

「車海老」

susimaru-8_R

寿司屋で海老と言えば、この「車海老」でしょう。まさに「寿司タネの花形」と呼べる、その店の看板的な一品で御座います。

その仕込みから握り方まで、色々とその店の実力を計る指標になります。

「雲丹といくら」

susimaru-9_R

そして「まぐろ」に次いで人気のある「雲丹」と「いくら」です。ここら辺の寿司タネが入ってくるのが「特選」の良い所ですね。

どちらも単品で握ってもらうよりも安く食べられるので、実は『特選おまかせにぎり』が実は一番お得なメニューなんです。

筆者も久しぶりに食べましたが、どちらも粒のしっかりした素晴らしい握りでした。

長崎県五島列島産「黒鮑」

susimaru-10_R

本日の目玉はなんと言っても「黒鮑」(くろあわび)でしょう!

長崎県の五島列島産の新鮮な「黒鮑」で、鮑の香りと旨みが味わる贅沢な一品です。

ここら辺の「高級なタネ」は筆者も滅多に食べないのですが、この『すし処 鮨丸』のランチなら食べられます。

「あじ」「中とろ」「金目鯛」

susimaru-11_R

まさに「寿司らしい寿司」のランナップで、この辺のタネを軸にして食べると良いと思われます。

筆者的なイチオシは、やはり伊豆下田沖の「金目鯛」(きんめだい)ですね。

「金目鯛」と言うと「煮付け」なイメージですが、実は刺身や握りで食べるとめちゃめちゃ美味しい魚なのです。

食べた事が無い人は、是非一度「金目鯛」の握りを食べてみて下さい。

susimaru-12_R

やはり寿司屋に来たなら「あじ」と「中とろ」は絶対に食べたいですよね。

ちなみに筆者は「大とろ」よりも「中とろ」派で、赤身と脂のバランスが丁度良いのが好きです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。