体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気安くクロレッツのアカウントに反応したら社内がサバトになった話

IMG_3944_f_TOP

twitterでつぶやいてしまった

事の発端は、筆者がたまたま目にしたクロレッツのtwitterでの発言。

【期間延長:企業様募集1/3:おばちゃん式ダンスでスッキリ!】Cloretsスッキリ総研では忙しい日本の会社員をスッキリさせる為の研究を行っており、この度開発したダンスで多くの会社員をスッキリさせたいと思い、ご協力いただける企業様を募集中です。#Cloretsスッキリ総研(続く)

このツイートの後には、

「応募いただける企業様は、@clorets_jpアカウントをフォローし、「#Cloretsスッキリ総研」をつけて応募の旨をツイートしてください。」

と続いていた。

筆者、それを読んで「会社にどっかのオバちゃんたちがやって来て、ダンス(?)を踊るって画ヅラだとしたら、それは奇妙っていうか、シュールだなぁ」なんて思いながら、そのtwitterアカウントに対して、こんな風につぶやいてみた。

これ、言えば会社におばちゃんが来るってことなのだろうか……

素の感想だったし、こう書けばクロレッツの“中の人”が答えてくれるかな、という思いも正直あった。事実、しばらくしたら本当に反応があった。ただし、予想していた反応とはちょっと違うものだった。

ガジェット通信に“おばちゃん”が来る

クロレッツの中の人から「ガジェット通信の方ですよね。(twitterでの)反応ありがとうございます。よろしければ、御社にお伺いしますがいかがでしょう」と連絡が来たのだ。
「え、本当に来るんだ。どうしようかな……」と思いながらも、“奇妙な画ヅラ”の誘惑に勝つことができず、来訪の約束を取り付けた。

当日。

会議室には、「一緒に踊ってもいいよ」というガジェット通信のメンバーが集められ、クロレッツの人、そしておばちゃんたちの到着を待っていた。
ほどなくして『Cloretsスッキリ総研』から来たという白衣の男性が入室。この大北さんと名乗る“准教授”は「最近の悩みなどありますか?スッキリしないこととかあれば聞かせてください」と神妙な面持ちでメンバーに問いかけた。

IMG_3771_f
1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。