ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

うるさい音をシャットアウト! 遮音カーテンは本当に音を遮断できるのか!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

どこに行ってもあるものといえば、音です。音はどこにでもあるもので、部屋のなかで静かに寝ていたとしても、換気扇の音や外の風の音、自動車が走る音、猫が鳴く声が聞こえることがあります。もしかすると、人は音から逃れられないのかもしれませんね。

しかし、そんな音のせいで困っている人も多くいるようです。壁が薄いから隣の部屋の音が聞こえることがあったり、交通量の多い道路沿いのマンションでは自動車の音に悩まされている人もいます。ということで、カンタンに音を遮断できないかと探してみたところ、遮音カーテンというものを発見! これさえあれば、音の悩みが解決するかもしれない?

さっそく遮音カーテンを開発・販売している信頼の専門店『ぴあリビング』さんから実物をお借りして、レビューしてみることにした! ちょうどよく当編集部の編集長が、家賃4万円の音がツツヌケの木造アパートに住んでいるということで、効果があるかどうか試してもらいました。

・遮音の効果を出すためのワザ
今回レビューに使用したカーテンは『遮音・遮光カーテン WAN(DH1545)2枚組140×200 ホワイト』です。編集長は、アパートの廊下や周囲の音が部屋に入ってくるのを防ぎたいということで、部屋の入り口のドアと壁の部分に遮音カーテンを設置することに。壁に釘を打ってカーテンレールをつけ、そこに2枚組みのうちの1枚をつけたようです(レールとカーテンを接続するフックは付属されていました)。徹底して遮音の効果を出すために、カーテンが床に接触するように設置したとのこと。そうすることで、隙間なく音をガードできると思われます。

・窓じゃなくても効果的
カーテンは通常は窓際につけるものですが、すでに解説したように編集長はドアと壁の部分につけました。廊下やドアの向こう側のすべての音を軽減させるべくそうしたとのことですが、その結果、かなりの効果が出たようです。「私の部屋の壁は極端に壁が薄いので、隣の部屋どころか、廊下を挟んで向かい側の部屋の会話やテレビの音が聞こえるんですよ。でも、このカーテンをつけたら会話やテレビの音が皆無になったんです! 廊下を歩く音は地面を伝ってきますが、それは仕方ないと思っています」とのこと。

・効果のある音とない音
地面や壁を伝って聞こえてくる物理的な音にはあまり効果はないようですが、ストレートに空気によって伝わってくる音にはかなり効果がありますね。少なくとも、こちらの声も向こうには聞こえなくなったようですし、これでプライバシーが保てるというものです。もう手放せません!」と編集長。壁がベニヤ板のように薄い部屋でプライバシーを守ろうとするほうが間違いですが、そんな部屋でもこの遮音カーテンを設置すれば効果テキメンのようです。

・遮音できた音のまとめ
遮音できたと感じた音は、「人の声、テレビの音、ステレオの音、キーボードを打つ音、咳払い、猫の鳴き声、くしゃみなど」とのこと。遮音効果が小さい感じた音は「歩く音、何かを叩く音、水道の音、他の部屋のドアの開閉音など」。編集長は他の部屋の人の声やテレビの音が気になっていたようなので、効果があってよかったですね。他の部屋の人も編集長の声が聞こえなくなってラッキーといったところでしょうか。

なかなかの効果をみせた遮音カーテン。今回は狭い部分に使用したので1枚しか使用しませんでしたが、二重で使用すれば効果がアップするようにも思えます。このカーテンは借り物なので、そろそろ編集長から返してもらおうと思っている取材班がレビュー結果を報告しました。皆さんも、より静かな環境のために設置を考えてみてはいかがでしょうか? 編集部イチオシといえます(このニュースの元記事はこちら)!
 
※遮音効果は環境によって変化するものであり、今回のレビューは遮音効果を保障するものではありません。あくまで購入の参考としてお読みください。
 
 

■こんな次世代アイテムのレビューの記事もあります
ついに紙でインターネット!? ブラザーの電子ペーパー『SV-100B』レビュー
【発売前レビュー速報】日清『カップヌードル』の『コロ・チャー』はヤバい美味さ!
【ゲームレビュー】Wii専用ソフト『朧村正』プレイレビュー
【たべものレビュー】インスタント焼きそば『サッポロ一番 男の焼そば 極太硬麺』
小型軽量USB地デジチューナー『QRS-UT100B』製品レビュー

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP