ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ブラザーの電子ペーパー『SV-100B』レビュー

最近そこかしこで、「電子ペーパー」という単語が見られるようになってきました。画面技術の発達やエコブームの後押しもあり、各社から発表が相次いでいます。そんな電子ペーパー競争が激化している中、ブラザーから飛び出した 『ブラザー ドキュメント ビューワ SV-100B』をご紹介します。

この、ブラザードキュメントビューワは9.7インチの電子ペーパーパネルを採用しています。分かりやすいところでは、大体A5サイズ相当とお考えいただければよいかもしれません。

電子ペーパーパネルというのは、本機種の場合、閲覧専用のモノクロビューワなのですが、いちばんの特徴は長時間のバッテリー駆動かもしれません。本機種はなんと、約83時間連続使用可能、という超の付く省エネ仕様。これは、コンテンツ表示の切り替え際にのみ電力を消費するため、表示そのものでは電力を気にする必要がないそうなのです。一時的にインク(に代わるもの)を画面内に定着させているので、液晶などと決定的に表示方法も消費電力も異なる、というわけなのです。

情報量も圧倒的です。A4サイズであれば、1万枚分に相当するデータを2GBのmicroSDに保存できるのです。これならば分厚いマニュアルを持ったまま、職場内をうろうろする必要がない、ということですね。

さらにはBluetoothにも対応しているので、携帯電話やPDAのデータを無線通信を用いて『SV-100B』の大画面に表示させることも可能です。表示色は4段階グレースケールのモノクロ対応。1200×825ピクセルで約150dpiの解像度に対応しています。

重さは600グラムと、A5サイズの大きさに対し「ずっしり」感はまるでありません。インタフェースはUSB2.0、microSD、Bluetoothの3種類に対応しています。ちなみに、Bluetooth転送のためには別途、モバイル機器の対応が必要です。

さて、実際に手にとって使ってみたところ、液晶とはまったく異なる見え方に不思議な印象を受ける人が多いかもしれません。なんというか、透明なケースの向こう側に紙が挟まっているかのような錯覚すら起こします。電子ペーパーの場合、CRTや液晶のように「発光していない」のが一番の原因かもしれません。見え方が極めて紙に近いのです。

本機は工場やオフィス用途を想定して開発された製品とのことですが、近い将来、生活の中になじんでいそうな予感すらあります。なんかこのパネルの向こう側に、紙メディアの次の未来があるんだなー、という感慨にふけってしまいました(このニュースの元記事はこちら)。
 
 
他に未来を感じさせるガジェットの記事はこちら
iPhone&iPod touch版アプリ『Skype』徹底レビュー
ついにベールを脱いだ! 未来検索ブラジルの新検索エンジン『groonga』
不思議なバーチャルリアリティ装置『虫HOW?』の魅力

オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき