体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

都内でiPhoneの画面が割れた時に使える修理サービスまとめ(2015年夏保存版)

image

先日、iPhone6Plusを落下させて画面を割ってしまった。
docomoショップへ修理に行くのが面倒だと思っていたのだが、結論から言うとdocomoショップでは修理を受け付けていなかった。
iPhoneの修理はdocomoショップでは受け付けていないらしい。電話して郵送での交換、自分でSIMカードやデータを移す作業を行うことになった。

そんな背景もあり今回は、都内でiPhoneの画面が割れてしまった場合に修理してくれる業者を比較した。
appleやキャリアが提供する方法ではなく街の修理業者を利用する事で、費用や即日修理などの面で便利に使える場合も多い。
ブックマークするなどして、実際に画面が割れた時にはこの記事を思い出して欲しい。

jpg

(1)iLab Factory(アイラボファクトリー)

http://www.iphone110.com/akihabara.html
「当店は、日本初のiPhone修理専門ショップとして誕生し、修理に関しましては6年間のノウハウと実績がございます。また修理は基本、お客様から見える所で行っており安心して頂けるかと思います。(お店の方より)」
今回調査した9業者の中で圧倒的な安さを誇るのがアイラボファクトリー。
私が割ってしまったiPhone6Plusでも他社が軒並み3万円代にも関わらず税込17,800円。何か特別な修理部品ルートを持っているのかもしれない。
また、ホームページを見ると「ボリュームボタン接触不良6Plus6,800円」など、調査9業者の中で最も料金が明瞭に表示されていた。
秋葉原と名古屋に店舗があるので、近隣の方はまず候補に入れていいかもしれない。

(2)ダイワンテレコム新宿本店

https://www.iphone-d.jp/
「当社は中古スマホの買取・販売を2006年から行っている会社で、日本と海外のモバイル製品関連の事業者と太いパイプがあり、高品質部品を安価に仕入れる環境があります。その他、技術面では液晶やバッテリー等の部品交換のみでなくロジックボード(基板)修理にも対応している事が強みです。(お店の方より)」
全国25店舗を展開し、店舗への持ち込みと合わせて郵送での修理も受け付けるのがダイワンテレコム。
個人的には郵送するのであればキャリア公式のサポートで良い様な気がするのでここでは店舗持ち込み修理について言及する。
料金もアイラボファクトリーに次いで安く、6Plus以外はほぼ同料金だ。
すぐ店舗に持ち込みたいという場合には、島根、岡山、大阪、新宿など25店舗のネットワークは魅力。
また、修理後の不具合3ヶ月間保証するというのも安心。

(3)iPhone Doctor池袋本店

http://www.iphonedr.jp/
「部品を高品質に保つために価格は少し高めですが、その分作業時間平均10分、修理作業はお客様の目の前で行います。高品質な部品やISO認証取得等、安心感を以ってお客様にご利用いただけるよう尽力しています。(お店の方より)」
高品質な部品やISO認証取得という、徹底した品質管理を行っているiPhone Doctor池袋本店。
丁寧なメール返答で好感度も高かったのだが、なぜか記事を書いているこの時間にホームページが“Internal Server Error”となる不運。
たしかに、アイラボファクトリー・ダイワンテレコムと比べると割高な印象は否めないが、せっかくの修理なのだからちょっと高めでも良いものを選びたいという方もいるだろう。
ISO認証取得という言葉の裏付けが取れないが、品質にはこだわりたいという方はその時には復旧しているであろうホームページを確認して欲しい。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy