ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀座ランチ:これは必食! フレンチシェフの手がけた潮の香り漂う“蛤ラーメン”『むぎとオリーブ』(味★5 雰囲気★4)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ガジェット通信スタッフがおすすめするランチをレポート。本日紹介するのは東京メトロ銀座駅周辺にある「むぎとオリーブ」さんです。

ランチレポ:むぎとオリーブ

銀座と言えばなんとなく“リッチなファッション街”“大人の街”のイメージがあり敷居が高く感じてしまうもの。しかし今回は、ランチにも困らない、値段もリーズナブルなラーメン店をご紹介します。

■ランチタイム:
[月~金] 11:30~22:00
(スープがなくなり次第終了)
[土、祝] 11:30~21:00
(スープがなくなり次第終了)
■アクセス:
東京メトロ・都営浅草線東銀座駅 徒歩5分
東京メトロ銀座駅 徒歩6分
JR新橋駅 徒歩9分
東銀座駅から284m

たべたもの「蛤SOBA」

■たべたもの: 蛤SOBA
■値段: 950円(税込)
■たべた日時:2015年5月26日火曜日12時00分頃入店

★★★★★: 

こんもり立体的な盛りつけがインパクト大。青々した三つ葉とピンクのかまぼこと、鮮やかな色使いにも心踊ります! 麺の上の鶏肉、三つ葉、かまぼこ、山芋の素揚げなどトッピングをどかすと贅沢に蛤が6つ、ごろんごろんと顔を覗かせます。お値段の割には豪華なトッピングなのではないでしょうか? 半透明のスープは蛤の旨味がぐぐっと凝縮されたシンプルな醤油味。

麺は、これでもか! というくらい香ばしい香りが漂う歯ごたえのある細麺。様々な具材とスープや麺を交互に味わうことでそれぞれが相乗効果をもたらし、いろんなハーモニーを楽しむことができます。いつまでも食べ飽きることのないラーメンです。

とても美味しい!と思っていたら実は、ミシュランガイド東京2015にも掲載されたラーメンなのだそう。フレンチ出身のシェフの織りなす洗練されたラーメンは必食の価値ありです。

お店の雰囲気とサービス

★★★★☆: 

潮の香りがぷんぷん漂う店内は、15席しかないためか若干狭い感じがします。しかし、雰囲気のある土壁を使用し、照明も明るく、ラーメン同様品のある空間に感じられます。

評価

ボリューム:ちょうど良い
オーダーの早さ:10分くらい
混雑具合:1席のみ空いており、その後は数名の行列ができていました。

他店ではなかなか味わえない美味しさに、ラーメン好きもそうでない人も舌鼓を打つこと間違いなし。銀座や有楽町に立ち寄った際はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

その他の写真

※データ・掲載情報は取材日時のもので、変更されている場合があります。
※記事内容は記者自身の感覚に基づくものです。

詳細情報

店名: むぎとオリーブ
ランチメニュー:

鶏SOBA                   880円
特製鶏SOBA                1080円
蛤SOBA                   950円
特製蛤SOBA                 1180円
鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA         980円
特製鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA      1180円
濃厚卵のまぜSOBA              840円
特製濃厚卵のまぜSOBA           1040円
鶏と蛤の濃厚つけ麺     並・大980円 特1080円
特製鶏と蛤の濃厚つけ麺   並・大1180円 特1280円

電話:03-3571-2123
場所: 東京都中央区銀座6-12-12 銀座ステラビル 1F
席数:15席(カウンターのみ)
店舗情報: http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13164932/

おいしいランチ情報を編集部に教えてください

おいしいランチの情報をガジェット通信編集部までお寄せください。
店名、最寄り駅、お店のURL、あなたからの推薦コメントを添えて、ガジェット通信の情報提供フォームから投稿お願いします。

ガジェット通信情報提供フォーム

mochimiの記事一覧をみる ▶

記者:

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP