体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

壮絶体験記がヒット中! まんしゅうきつこインタビュー「私は“アル中ギャグ”をやりたかったんです」

まんしゅうきつこさん

飲んでも地獄、飲まなくても地獄。漫画家のまんしゅうきつこが自身のアルコール中毒によって起った様々な出来事を綴ったコミックエッセイ『アル中ワンダーランド』が現在発売中。「笑える」「ところどころ吹いた」など、“アル中ギャグ”という新たなジャンルを確立し、好評を博しています。

幻覚や被害妄想に記憶障害、そして公衆の面前でまさかの「ポロリ」という大失態……。壮絶な体験を著者独特のイラストとテンポで描く本著は、これまで発表されてきた“アル中名作物”の仲間入りを果たすであろう面白さ。

ガジェット通信では、まんしゅうきつこさんにインタビューを敢行。本を出すきっかけから、禁断症状、今後の目標まで色々とお話を伺ってきました。担当編集者さんと、以前よりまんしゅうきつこさんと交流があったガジェット通信スタッフによる証言もお見逃し無く。

(撮影:周二郎探検隊)

まんしゅうきつこさん

―『アル中ワンダーランド』大変楽しく読ませていただきました! 自分の辛い体験を描くというのは、なかなかしんどかったのでは無いかと思うのですが、きっかけはどんな事だったのでしょうか?

まんしゅうきつこさん:病院でアル中と診断され直前だったかな、高石さん(本書編集担当)と会ってお話をしていて。「私アル中みたいだから病院行こうと思うんだ〜」ってビールを飲みながら(笑)。それで、案の定ベロベロに酔っぱらったのですが、高石さんはその時初めて本物の千鳥足を見たんですって。

高石さん:雨が降っている道を傘もささずにフラフラと歩いている姿がものすごく印象的だったんですよね。階段も登れないし、寒いのに外で寝ようとするし。

まんしゅうきつこさん:その後にまたお会いした時、「ネタはもう十分あるので、アル中体験記を書いてください」という話になったわけです。

―描いていて、思い出して辛くなる事はありませんでしたか?

まんしゅうきつこさん:辛くなって泣きながら書いている回もたくさんありますね。号泣しながら書いている回は呪いがこもっていると思うので、読者の方も恐いかもしれない、どうしようって思って……。

―特に辛かったエピソードはどれですか?

まんしゅうきつこさん:弟が私の死んだ目を撮ろうして「撮るな!」と叫んでいる話とか、電車のホームでただただお酒を飲んでいるシーンとか、割とほとんど泣きながら書いていましたね。

まんしゅうきつこさん

―そもそも、どうしてそんなにお酒を飲む様になってしまったのでしょうか。

まんしゅうきつこさん:精神安定剤の代わりに飲みはじめちゃったのが最初ですね。本当は精神科に行って、心を落ち着かせる薬をもらうのが正解だったんですけど、なかなか精神科に行くのってハードルが高いですよね。それからはお酒を飲まないと精神不安定になるし、飲んでも精神不安定になるし……の繰り返しで。

―アル中の体験を描いた本やマンガって色々と出版されていますが、それを読んで共感する事はありませんでしたか?

まんしゅうきつこさん:私、それまでアル中体験記って吾妻ひでおさんのしか読んだ事無かったんです。それで、今回マンガを書くにあたって、中島らもさんの『今夜、すべてのバーで』を読んで「お酒をツールとして使う人は危ない」という言葉に納得しましたね。中島らもさんは文章を書く為にお酒を飲んでいて、私はブログのネタ出しの為にお酒を飲んでいた。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。