ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手書きメモをPCにBluetoothでリアルタイム転送可能に デジタルペン『airpenPocket』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ぺんてるは、Bluetooth2.0以上に準拠し、紙に書いた筆跡をパソコンなどにワイヤレス転送できるデジタルペン『airpenPocket(エアペンポケット)』を2月12日より発売します。Bluetooth対応のスマートフォンやタブレット端末に順次対応し、3月初旬にはAndroidにも対応予定です。

『airpenPocket』は、受信ユニットにBluetoothを搭載。Windows/Macのパソコン、スマートフォンなどに専用ソフトウェアをインストールし、接続設定をしておくと紙に書いた筆跡をリアルタイムで画面確認を行えます。また、受信ユニットのメモリーに一時保存したメモデータもワイヤレス転送が可能。手書き+スマートフォンを併用すれば、タッチパネルでは入力が難しい細かな文字やイラストも簡単にデジタルメモ化できますね。

『airpen』シリーズのデジタルペンは、感圧スイッチで筆記時のペンの沈み込みもほとんどなく違和感を大幅に低減。いつものペンでノートに書き込む感覚とほぼ同じ使い心地です。Windows、Mac、Android用に提供する専用ソフトウェアからは『Evernote』にワンクリックでメモを転送可能。手書きメモのデータを整理して、検索可能な状態に置くことができます。

ボディーカラーは、ブルーメタリックに加えて『Evernote』のブランドカラーのグリーンバージョンも新たにラインナップ。対応OSはWindows XP/Vista/7(×64除く)、Mac OS X Leopard以上、受信ユニットのサイズはW77×D27.4×H12mm、重さ約22g、デジタルペンのサイズは、W18×D14×H154mm、重さ約22g(電池、リフィル含む)、価格はオープンです。
 
 

■関連記事
手書きを“記憶”する 『Evernote』グリーンのデジタルペン『airpenMINI』限定発売へ
次世代文房具? 手書きメモを『iPhone』でデジタル化する『ショットノート』
『Evernote』や『Google Document』と連携 世界最小クラスのスキャナ『ScanSnap S1100』
『Evernote』に保存した情報とウェブを同時検索 ブラウザに表示する新機能が登場
スキャナから直接『Evernote』へ!クラウド対応デバイスサーバー『N-TRANSFER』発表

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP