体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【独占インタビュー】男児うさぎケージ監禁事件・母親の皆川朋美容疑者「かわいそうなことをしてしまった」

tomomi_nishigaoka_01

東京都足立区入谷で、当時3歳の皆川玲空斗(りくと)君をうさぎ用のかごで監禁し、2013年3月口にタオルをまくなどして窒息死させ遺体を捨てたとして、父親の皆川忍容疑者(31)と妻の朋美容疑者(28)が監禁致死と死体遺棄容疑で逮捕された事件。

※参考 妻は「致死容疑」を認めていない!? マスメディア報道と食い違う足立区男児不明事件
http://getnews.jp/archives/950323 [リンク]

他メディアの報道では、夫婦で共謀して監禁、致死に至ったとされています。しかしガジェット通信のインタビューによれば、母親である皆川朋美容疑者は夫が玲空斗君の口にタオルを巻き窒息死させた夜、早く寝てしまっており、致死には関係していないと述べています。

ガジェット通信では、母親である朋美容疑者の現在の心境を知るべく、岩崎弁護士に質問を託しインタビューを実施しました。

朋美容疑者「(監禁は)忍さんがやり始めました」

ーーまずは、玲空斗君を亡くしてしまったということに対する率直なお気持ちをお聞かせ下さい。

皆川朋美容疑者(以下・朋美):とてもかわいそうに思っています。今も夫である忍さんは好きです。ただ、今は、素直に好きとはいえない。正直に今回の事件のことを話して、罪を償ってくれれば、忍さんとはまた一緒に暮らしたいという気持ちもないわけではありません。

当時は、忍さんが好きという気持ちが強かったので、死体遺棄までしたが、今思うと、玲空斗にはとてもかわいそうなことをしてしまったし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ーー玲空斗君の監禁致死と死体遺棄を疑われて逮捕されました。まずウサギ小屋に入れようというきっかけは、忍容疑者と朋美容疑者のどちらから言い出したことなのでしょうか?

朋美:忍さんがやり始めました。

玲空斗は、外食に連れて行ってお腹いっぱいになった後でも、なんでも食べてしまっていました。砂糖やゴマ油、生のシシャモを食べることもありました。玲空斗は、知的成長が遅かったので、単語しか話せず、お腹が空いたとも言えません。そのため、勝手に食べられないように、ケージに入れるようになりました。

報道にあるように、2~3日に1回しかご飯を与えなかったのは、事件から1か月前の2月くらいからのことです。

ーーウサギ小屋に入れるということが、「しつけ」の範疇を超えて、「監禁」「虐待」という意識はなかったのでしょうか?

朋美:そのときは思いませんでした。玲空斗が亡くなったことで、虐待にあたるものだと感じるようになりました。

朋美容疑者「タオルを巻いているところは目撃も加担もしていません」

ーー忍容疑者が「口でタオルを巻いた」ところを目撃していますか? その行為に加担をしていますか?

朋美:ケージに入っていたことは見ています。

その後、私は寝ました。朝、忍さんに起こされると、玲空斗が口にタオルを巻かれている姿を見ました。息をしておらず、亡くなっているようでした。

そのため、玲空斗の口にタオルを巻いたことについては、目撃も、加担もしていません。

ーー忍容疑者は次女に暴行した容疑で実刑判決を受けています。その時から「家族が危ない」という意識はなかったのでしょうか?

朋美:玲空斗が亡くなった時から、そういう意識が出ました。それまではありませんでした。

暴行や監禁を行ったのは、次男、次女だけで、他の子には特に暴力をふるうこともしていません。次男と次女が、知的に成長が遅れていて、それで忍さんが怒ることが多かったです。次女への暴行については、私はいつも止めていましたが、かばいきれませんでした。

ーー他のお子さんたちと結果として離れ離れとなっている現状について、率直なお気持ちをお聞かせください。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。