ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】官邸ドローン事件の容疑者に超有名出版社が動き出した!? 釈放後にマンガ連載開始か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

官邸ドローン事件の容疑者が漫画を描いていたことが判明し、あまりにも上手な絵とストーリーだったため、インターネット上で大絶賛されている件で、新たな展開があった。

・釈放後にマンガ連載を開始か!!
なんと、超有名出版社が彼のマンガ連載に着目! 釈放後にマンガ連載を開始しようと、早急に計画を進めているというのだ! この情報は、集英社や小学館などで週刊連載の経験をもつ漫画家からによるもので、以下のようにコメントしている。

・漫画家のコメント
「とある出版社に伝説的な編集長がいる編集部があるんだけど、そこの敏腕の編集者が容疑者のゲットに全力であたっていると聞いた。正直、絵はまだまだ発展途上。ストーリーも雑。しかし、絵から伝わるパワーとストーリーにこめられた熱い思いが、読者にガンガン伝わる内容だと話していたよ」

・どこの雑誌なのか?
どこの出版社なのか? どこの雑誌なのか? それともサイト掲載なのか? 詳しいことは書けないが、時間が経つにつれて詳細が明らかになるかもしれない。続報が入り次第、報告したいと思う。まあ、容疑者本人はこのこと自体を知らないとは思うが……。

ちなみに、公開されている容疑者の漫画のタイトルは『ハローワーカー』と『禁老区』。2作品は、ストーリーが繋がっている。

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/27/kanti-manga/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP