ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自家焙煎・挽きたてきな粉の美味しさを伝える京都のスイーツが勢ぞろい。併設のカフェでゆったりした時間を

DATE:
  • ガジェット通信を≫


株式会社 京都吉祥庵は、京都市東山区に「吉祥菓寮 祇園本店」を開店した。

京都吉祥庵は、京都に受け継がれる古き良き伝統と、新しい美味しさを探究し、Made in KYOTOを世界中に発信するため、オンラインショップ限定で和菓子・洋菓子を販売しているが、そのおいしさをすぐにお届けするために、旗艦店として「吉祥菓寮 祇園本店」をオープンさせた。和菓子・洋菓子の垣根を越えた京都のスイーツを販売する。

「吉祥菓寮 祇園本店」は、「大豆」「きな粉」へのこだわり・おいしさを味わっていただくために、店内で焙煎した「きな粉」の他、「自家焙煎きな粉」を使用したジャンルを問わないスイーツを展開。生乳や抹茶なども産地や原料にこだわり、素材そのものが持つ力を最大限に活かし、本当のおいしさを伝えることをテーマに取り組んでいる。

自家焙煎きな粉を使った本わらび餅(810円)は、本わらび粉を100%使い、店内で職人が毎朝練り上げた本物の本わらび餅。

きな粉ミルクジャム、抹茶ミルクジャム(各756円)は持ち運びやすく、海外旅行先へのお土産などにもよさそう。

茶の雫ロール、古都の葉重ねは、オンラインショップ定番の人気商品だ。

2階はカフェスペースとなっており、自家焙煎・挽きたての「きな粉」が楽しめるカフェメニューを各種用意。

本当のきな粉の美味しさを味わえる貴重な場所として、また、京都旅行の記念やお土産、贈答品、観光時の足休めとして「吉祥菓寮 祇園本店」のスイーツ、カフェを利用してみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP