体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、次期Gearスマートウォッチで新たにGear SDKを提供、アプリ開発者にはSDKへの早期アクセスの機会を提供

Samsung は 4 月 24 日、今後発表される 7 作目の “Gear” ウェアラブルデバイスにも対応したソフトウェア開発キット「Gear SDK」の提供をプレスリリースを通じて発表しました。Samsung は今回の発表の中で、Gear ブランドの腕時計型ウェアラブルデバイス 7 作目を投入する予定を明らかにしました。SDK は未発表製品のアプリを先行して開発できるよう、開発者に対して SDK への早期アクセスの機会を提供するというものです。SDK は developer.samsung.com/wearable/ で公開される予定なのですが、現時点ではリンク先自体がオープンになっていません。そのため、これ以上の情報は今のところ確認できません。しかし、Samsung はプレスリリースにサークル型のウォッチフェイスなどを描いた画像を添付しており、この UI が合うスマートウォッチを投入すると見られます。Samsung は先日、ウェアラブルデバイス “Gear” の新モデル名とみられる「Gear W」を韓国で商標出願していたことが判明しています。SDK のリリースが発表されるくらいなので、次回作は同社にとって重要な製品になるとみられます。おそらく、Android Wear ではなく、Tizen を採用しているのでしょう。SDK の情報は上記の URL で確認できるようになるはずなのですが、提供を受けるにはディベロッパーサイトからプログラムに参加申請を行い、Samsung より招待される必要があります。Source : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
パナソニックは10.1インチタブレット「Panasonic TAB-A02-SD」を開発中?
Samsung、Galaxy Tab S 8,4のAndroid 5.0.2アップデートを海外で開始
Xiaomi、「Mi 4i」のベンチマークスコアを公開、AntutuはMi4やGalay S5に匹敵

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。