ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

入力にかかる時間を短縮!名前や住所をアイコン登録できるアプリ「OftenType」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
OftenType

私たちは毎日のようにスマートフォンやタブレットを使ってテキスト入力をしているが、長文になるとなかなか面倒なもの。

そんなときに便利そうなiOSキーボードアプリが登場した。頻繁に使うフレーズなどを登録できる「OftenType」だ。

いったん登録しておけば、長い文言でも数タップで入力することが可能になり、時間を大幅に短縮できる。

・登録フレーズをアイコン化

頻繁に入力する言葉として、名前や住所、メールアドレス、電話番号など自身に関するインフォメーションのほか、ビジネスだと挨拶定型文などがあるだろう。

その手間を省けるものとしてはすでにスニペットサービスがあり、Mac用の無料アプリ「DashExpander」やiOSで使える「TextExpander」などが展開されている。

文言を短縮登録するという機能はTextExpanderもOftenTypeも一緒だが、最大の違いはOftenTypeだとアイコン化できること。例えばメールアドレスであれば封筒のアイコンをタップして選んで入力できる。

この点、スニペットは、メールアドレスのスニペット文字列を入力しなければならないのでOftenTypeより入力回数はどうしても多くなる。つまり、OftenTypeの方が視覚的でわかりやすく、入力も一層早いということになる。

・今ならセール価格で

もう1つの違いは価格。TextExpanderのiOS版が4.99ドルであるのに対し、OftenTypeは1.99ドル。しかも、リリースを記念して今なら50%オフでダウンロードできる。

OftenTypeでは文言やフレーズを好きなだけ登録でき、アイコンも設定できる。なので、ひとたび登録すれば、小さなスクリーンで指を忙しく動かす労力を少なくできる。

メール作成件数が多く、時間に追われているビジネスパーソンには特にオススメだ。

OftenType

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。