体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安倍首相が参考にすべきは均衡ではなく金鉱(シェイブテイル日記)

安倍首相が参考にすべきは均衡ではなく金鉱(シェイブテイル日記)

今回はシェイブテイルさんのブログ『シェイブテイル日記』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/926321をごらんください。

安倍首相が参考にすべきは均衡ではなく金鉱(シェイブテイル日記)

現代日本でデフレが始まるまでは、世界金融史上、最も長いデフレ不況とは「大不況」と呼ばれた19世紀末のデフレでした。
ただそのデフレの終息は明確で、1873年に始まったデフレは1896年にはピタリと終息しました。
日本の場合、1994年頃からデフレ気味で、アベノミクス二年を経過した今でもデフレ気味です。
では米英などで同時多発した「大不況」はどうやって一挙に終息したのでしょうか。
------

答えはシンプルで、デフレ脱却の1896年に南アフリカで大金鉱が発見されたためでした。
このトランスヴァール地方で発見された金鉱は低品位でしたが、青化法と呼ばれる効率的な金抽出法により、たちまち世界の金の40%を産出するようになりました。

大不況期のデフレに突入する前は金本位制を採用していたのは、英国とポルトガル位で、米国や日本その他の国々は銀本位制または金銀複本位制を採っていました。

ところが、金銀複本位制を採っていた米国で、”模範国、イギリスが採っているだから”という大した意味もない理由から、1873年には実質金本位制が敷かれました。 

これ以降、米国の他にも金本位制に向かう国々が増加し、「世界的金の分捕り合戦」により世界的なデフレ不況となりました。(相対的に過剰だった銀本位制を採っていた国々はデフレにならなかった。)(竹森俊平「世界デフレは三度来る」p68より)

------
この「世界デフレは三度来る」に、米国でデフレ大不況が始まった1873年から、金の供給増大によりデフレ不況が終息した1896年までの主要経済データが本文に載っていましたので、これらのデータと、シェイブテイルが取ったアベノミクス2年の経済データを並べてみました。

1.マネーの量(ストック)

米国が金不足デフレを脱却した1896年から10年間での、金融機関が保有するマネタリーベースと、民間が金融機関に預けているマネーストックの平均増加率をみてみました。(図表1)

安倍首相が参考にすべきは均衡ではなく金鉱(シェイブテイル日記)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/04/a01.jpg
図表1 米国大不況(金不足デフレ)脱却後とアベノミクスでの年平均マネー増加率
出所:金不足デフレ;米国(1896-1906)=竹森俊平「世界デフレは三度来る」p68 
アベノミクス=日銀データから消費税を抜いた筆者推定値(2012-14)

米国の金不足デフレは期間も長く、また物価下落率も、現在の日本より大きかったようです。

それが、金が発見されるや、金融機関のマネタリーベースは年7%で伸び、民間が金融機関にあずけているマネーストックも年12%伸びました。

一方、現在のアベノミクスはまだ2年ではありますが、マネタリーベースは異次元緩和により年率37%もの高率で伸びています。ところが民間のマネーストックの伸びはわずか0.3%です。

2.物価とマネーの流通(フロー)

図表2では大不況期(金不足デフレ)終息前後と日本のアベノミクス期の物価と実質GDP、及び名目GDP(≒流通した貨幣量)を示しています。

安倍首相が参考にすべきは均衡ではなく金鉱(シェイブテイル日記)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/04/a02.jpg
図表2 米国大不況(金不足デフレ)脱却後とアベノミクスでの物価・実質GDP・名目GDP
出所:図表1に同じ。 
GDPデフレーターが物価を示し、実質GDPがモノサービスの生産量を、
名目GDPがマネーの流通量を示す。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。