ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何でも充電出来りゃいいってもんじゃないよ!(笑) スマホ充電器内蔵・世界最小の電動スケートボード『Bolt』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

充電ガジェットここに極まる!ついに『電動スケートボード』も充電ガジェット化!

世の中は、「充電ガジェット」が花盛り。
各社、しのぎを削っています。

そんな中、充電ガジェット業界震撼の新商品が、『indiegogo』で発表されました。
・・・なんと、『電動スケートボード』を充電ガジェット化した、という代物です・・・。

『Bolt – The World’s Most Portable Electric Vehicle』:充電器内蔵・世界最小の電動スケートボードです。取り急ぎご報告致します。

驚きの発想!『電動スケートボード』が充電ガジェット化!

Bolt – The World’s Most Portable Electric Vehicle
https://www.indiegogo.com/projects/bolt-the-world-s-most-portable-electric-vehicle[リンク]

Bolt: The Most Portable Electric Vehicle in the World
https://youtu.be/odHIGR-yraY[リンク]

『Bolt – The World’s Most Portable Electric Vehicle』は、充電器内蔵・世界最小の電動スケートボードです。

「『充電器内蔵・世界最小の電動スケートボード』って、どんな事が出来るの?」

貴方の『電動スケートボード』が、充電器になります。

『Bolt』は、移動の際のラストワンマイルソリューションです。
『Bolt』は、単なる、電動スケートボードではありません。これは、世界最小の電気自動車です。

『Bolt』は、何処にでも行く事が出来る、小型軽量で使いやすく、低消費電力である、スマート・ポータブル電気自動車です。
『Bolt』は、時間とお金を節約する事が出来ます。

『Bolt』は、最高速度は時速21キロ(時速13マイル)で、自転車と同じくらい速いです!

『Bolt』は、60x25x10.5cm(23.5x10x4インチ)。とてもコンパクトです。

『Bolt』は、4キロの重量(9ポンド)で、ライトも付いています。

『Bolt』は、標準USBポートを備えていて、20回まで貴方のiPhoneを充電する事が可能です!


「こ、これは凄いかもしれない・・・!」

仕様は以下の通りです。

Size: 60x25x10cm (23x10x4 inches)
Weight: 4kg (9 pounds)
Power: 2000W, Sensored Motor
Battery: 5000mAh LiPo
Materials: Multiple Ply Wood
Connectivity: Bluetooth Low Energy
Integration: Smartphone App and wearables (stretch goals)
Charging: From empty to full in about 60-90 minutes


「まさに、『充電器内蔵・世界最小の電動スケートボード』そのものですね・・・!」

『indiegogo』では、$549~から、出資可能なようです。


「商品化が楽しみですね!」

※『indiegogo』の情報は4/13執筆時点のものです。クラウドファンディングへの出資については、筆者及び編集部はその内容を保障するものではありません。クラウドファンディングの世界はあくまでも自己責任のルールです。ご注意下さい。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものでは御座いません。購入、利用に於いては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※『Bolt – The World’s Most Portable Electric Vehicle』の記事の執筆に当たっては、Bolt Motion 様に執筆の連絡を行い、ご承諾を頂いております。
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP