ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コンペで受賞!音声認識の「Talkitt」 発話障害者の言葉を聞き取り、即座にテキスト&人工音声に変換

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国保健社会福祉省(National Institutes for Health)の統計によると、アメリカ国内で約750万人にも及ぶ人々が、発声に何らかの障害を抱えている。西欧諸国全体でも、全人口の1.5%ほどの人が、筋萎縮性側索硬化症、脳性小児まひ、パーキンソン病、卒中や脳に障害を負うことにより、発話に支障をもっているという。

・発話障害がある人をサポート

発話障害があると、普通の人には発音が聞き取れず、互いにスムーズな意思疎通をすることが難しくなる。そんな人々の助けになるために、現代のテクノロジーを活用しようと開発されたツールが「Talkitt」である。

・Philipsのコンペで受賞

Philipsが主催する“Philips Innovation Fellows Competition”は、世界中から健康や福祉に役立つアイデアを募り、資金面で開発をサポートするコンテスト。「Talkitt」は、2014年に受賞したプロジェクトで、音声認識のソフトウェア。発声や発話に障害がある人のしゃべりを翻訳し、キャッチした音声をテキストに変換するアプリケーションだ。

・固有の音声パターンを認識、人工音声で読み上げも

ソフトウェアは、個々人で異なる発音の特徴や言葉の選択にフォーカスし、固有の“音声パターン”を認識する。普通に聞いただけでは、非常に聞き取りにくく、わかりにくい発話であっても、「Talkitt」はそれらを解析し、聞き取った内容を即座にテキストとして起こすだけでなく、同時に聞き取りやすい人工音声が読み上げてくれるのだ。

・スマホ、タブレット、PCで。あらゆる言語に対応

この「Talkitt」は、スマートフォン、タブレット、PCで動作し、しかもあらゆる言語に対応するという。友だちと会ったり、買い物をするときに、あるいは授業中に。日常生活のあらゆるシーンで活躍してくれるはずだ。

発話に障害がある人とコミュニケーションするツールとしてだけでなく、聞き取りに慣れていない人をサポートするツールとしても役立ってくれそうだ。家族や親族だけでなく、友人、障害者をケアする医療関係者が、本人が言いたいことを汲み取り、心通わせる手助けとなってくれることだろう。

Talkitt

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP