体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【規制バスター】タクシー初乗り運賃が高くなるのは規制のせい? 政策工房の原英史さんにきく タクシー規制たち

政策工房の原さん

毎回さまざまな業界の不思議な規制をご紹介する『規制バスター』シリーズ。今回は「タクシー業界」です。

●登場人物
原=原英史さん(政策工房)
ふかみん=深水英一郎(ガジェット通信)

原さんプロフィール:
原英史(はらえいじ) 1966年東京生まれ。東京大学法学部卒、米シカゴロースクール修了。89年通商産業省入省、07年から安倍晋三、福田康夫内閣で渡辺喜美・行政改革担当大臣の補佐官を務める。09年7月に退官後「政策工房」を設立。政策コンサルティングをスタート。近著に『官僚のレトリック』(新潮社) 10年10月、国際情報誌『SAPIO』にて連載開始。

●タクシー業界は今、再規制強化の真っ最中

ふかみん:今回はタクシーまわりの規制の話、ということでよろしくお願いします。

原:タクシーの話って、“いきすぎた規制緩和”といって最近問題になったのが記憶に新しいと思うんですけども、タクシー業界はもともとガチガチに規制されてた世界なんですね。そもそも新規参入するのも厳しい規制があったし、車の台数を増やすのも規制、運賃もすべて認可で決まっていたんです。例えば、東京はこないだまで初乗り660円で統一されていて、あれもすべて決まっていたんですね。法律上は、“運賃の認可”という仕組みになっていて、タクシー会社が国土交通省、実際には地方の運輸局に権限があるんですが、そこに申請して認可してもらう仕組みなんです。ただその認可制度だけなら、料金にバリエーションが出ておかしくないんですが、実は運用上通達があって、同一地域は必ず同一の運賃ににしなければ認可してはならないと書いてあった。

ふかみん:それはなぜですか?

原:競争になって困るから。昔の小学校でよく言われた徒競走みたいにみんなで手をつないでゴールしましょうね、って感覚でしょう。みんな横並びにいきましょうと国が規制し、それ以外は認可しません、という仕組みだったんです。

●タクシー運転手さんが寝不足になってしまうから料金値上げ? 料金設定にまで口を出す不思議な仕組み

ふかみん:そんなにまでして競争させたくないんですね。

原:ごく最近までそういうガチガチの規制だったんですが、90年代から徐々に運賃の自由化がおこなわれ、小泉内閣の頃にさらに新規参入が自由化され、されに台数も増やせるようになりました。ところがこれがまたひっくり返った。そのいきすぎた規制緩和のせいで大変な事になった、ということで2008年に再度規制強化ということになった。その再規制強化で何が起きているかというと、例えば今だったら初乗りが安いタクシー会社があるでしょう? 東京でもときどき見かけます。大阪だともっとその勢力が盛んで、”ワンコインタクシー”がたくさんでてきている。しかし再規制強化の流れの中で500円という運賃は認可できないので、値上げしなければなりません、と近畿運輸局が指示をしています。ワンコインタクシーはだめだと。550円とか660円が妥当という指示をしているんです。

ふかみん:なんで料金設定にまで口出ししてくるんだろう……

原:それは再規制強化の理由そのものなんですが。規制緩和をした結果、タクシーの台数がうんと増えて、値下げ競争になり過当競争になってしまった。競争が激化し経営状況が悪化、タクシー運転手が法令にふれるような長時間労働を強いられた。過酷な労働環境の中で無理矢理働かせられるようになった、ということです。結果として、寝不足で運転して事故を起こしたり、安全面の問題が生じた。そういった“労働環境の悪化”や“安全面の問題”がおきている。これが”いきすぎた規制緩和”の結果、ということになったんです。なので、また規制を強化しなければいけないという議論が盛り上がった。2006~7年です。そして2008年に法律が国会で通ったわけです。ただ、問題が“労働条件の悪化”とか“安全性の問題”というなら、必ずしも運賃を上げなきゃいけないって話ではないんじゃないか。労働条件の問題なら、会社と運転手さんとの関係を規律すればいいわけですし。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会