体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頭弱い店長が仕事の計画性と時間の使いかたについて教わった

G.A.W.

今回はnakamurabashiさんのブログ『G.A.W.』からご寄稿いただきました。

頭弱い店長が仕事の計画性と時間の使いかたについて教わった
えーと、このエントリにはとりたてて目新しい内容は含まれてません。スタート地点が極めてバカっぽい人が、常識に接してびっくりしたので、びっくりしたあまり書いてみた、というような感じだと思います。

客観的に、コンビニ経営者としての自分の資質を評価するに、売場づくりはまあちょっとしたもんだと思う。人の教育なんかもまあまあ。金の管理は子供のおこづかい帳レベルなので自分ではいっさいやらないことにして、うちの奥さまにすべてアウトソーシングした。長期的なビジョンっていうことでは、ちょっと危ない。短期的な達成目標みたいなのはかなり得意なほう。

とまあ、いろいろ考えてみた。

で、このへんをまとめてみると、俺に決定的に不足してる資質がわかったりする。つまり、計画性がない。計画性のなさということではちょっとした自信がある。夏休みの予定の時代から、俺は計画どおりに物事を進められたためしがない。あと期日を守れない。まともに宿題提出したことない。何日までに発注するよーみたいな予約発注系のものしょっちゅうぶっ飛ばしそうになる。金の管理なんかは、期日をきっちり守って、予算を決めて、みたいな話なので、俺にはまったくできない。このへんの能力はバイト以下だと思う。

つまり俺が得意なのは、目の前に仕事が発生していて、それに対してその場で対応する系のものだ。ルーチンでなくなればなくなるほど得意で、たぶん俺が「これだけは絶対にほかの経営者に負けねえ」と思うのが、実はクレーム処理だってあたりで、悲しいくらいそれが如実にあらわれている。いや、クレーム処理重要だけどさー、それが得意ってどうなんだよ。

“その場で対応する”なんていうと聞こえはいいが、要は行き当たりばったりってことだ。行き当たりばったり度が強くなるほど、俺は力を発揮する。“もうあとがない”というときの俺の行動力、対人交渉力は相当なもんだと自負している。裏を返せばぎりぎり追い詰められるまでなにもやらない。開き直ったような自信があるからだ。最悪だなおい。

でまあ、計画性ないっつっても、そりゃまあメシ食う手段として店やってる以上、店を転覆させないくらいにはなんだってやる。やるんだけど、日常の生活やら仕事やらのなかで、この計画性のなさが、如実にあらわれる部分がある。

時間の使いかたがヘタ。これだ。

俺にはなんだかいつも時間がない。時間がないって口にするのは無能の最たる証拠だろー的なことってよく言われる。自分のこと無能だとは思いたくないからいちおー言い訳しておくが、時間の余裕はある。どんな仕事がきっついときでもエロゲ*1やったり本読んだりする時間は無理にでも作る。仕事単体の処理速度もはやいほうだと思う。なにより、いかに文章書くの速いほうだっつったって、俺は更新しすぎだろ。『Twitter』にもいつもいるし。

でも時間がない。なんで時間がないっていう感覚だけが存在するんだろう。と思ったら簡単なことだった。プライベートの時間でも、仕事関連の電話とかやたら来るからだ。あとなんかシフトに穴とかよく空く。

話は変わる。このあいだ、車上荒らしにあった。金の被害はそんなになかったんだけど、実印だなんだの重要なものが入ったカバンを盗まれた。ほんとに10分くらいのあいだのことだった。で、そういうものを悪用されないようにってことで、銀行の口座を凍結したり、実印の登録を廃止したりとか、まあやらなきゃいけないことが山のように発生したりしたんだけど、やっぱりここでも俺の問題解決能力は高かった。馬車馬のようにすべての問題をがーっと片付けて、とりあえず一安心できるところまであっというまにこぎつけた。

が、実はこのやたらな交渉力と問題解決能力こそが、実は俺の計画性という点における無能さを顕著に表現していた、らしい。

つまりこういうことだ。俺は、まず実印をなんとかしなければならんと思った。なので、その場で市役所に電話して、印鑑証明の発行を停止した。バイトを呼び出して自分のシフトを空けて、その足で市役所に行って印鑑登録そのものを廃止した。思いついたので、その場で地元に詳しいパートのおばちゃんに連絡して、近場で実印を作っている店を教えてもらい、速攻で電話。「とにかく急がないとやばい」と力説。「これから店に行くからよろしくお願いします! すぐ行きます!」とプレッシャーを与えつつ、店に到着。文房具屋さんでは、これから俺がそちらにとっていかに上客になるかを力説、過去に買ったものなんかも列挙。ほんとに10日かかるのか。1週間でもできるんじゃないか。などと言って、文房具屋のおっちゃんにできることは全部やらせた。その節はすみませんでした……。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。