体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スリムクラブに地元の新名所『沖縄おもろおばけ屋敷』の楽しみ方と周辺グルメ情報を聞いてみた

IMG_2990

今年3月に開業したばかりの沖縄の新名所“沖縄おもろおばけ屋敷”。那覇市・国際通りの沖縄三越跡にあるエンターテイメント施設“HAPINAHA”の3階から6階によしもとがオープンしたこのアトラクションは、何やら笑いと恐怖で来場客を楽しませてくれるのだとか。今回は沖縄出身のお笑い芸人・スリムクラブ(真栄田賢さん、内間政成さん)のお二人にその魅力を教えてもらいつつ、おまけに施設周辺のグルメ情報についても聞いてみました。

“沖縄おもろおばけ屋敷”とは?

――“沖縄おもろおばけ屋敷”とは、どんな施設なんですか?

内間:世界初の“キャストが全て芸人”というおばけ屋敷です。怖いだけじゃなくて、お笑いだったり、参加者が力を合わせて何かにチャレンジしたりと要素は盛りだくさんです。その中で石敢當(いしがんとう)という沖縄のお守りを8つ集めて、ゴールを目指していきます。

――冒険する中でアイテムを集めていくわけですね。

真栄田:建物がめっちゃ広いんですよ。最大8人ずつ参加するんですけど、クリアまでに平均35分くらいかかるんです。だから、コストパフォーマンスはいいですよ。

――案内役とおばけ役が全て芸人さんだと人件費もかかってそうですが……。

真栄田:そこは芸人が耐えてるんで大丈夫です(笑)。

――なるほど(笑)。まだオープンから間もないですが、かなり人気のようですよね。

真栄田:沖縄には“おばけ屋敷”と言われる施設がないんで、観光客だけじゃなくて地元の人もかなり足を運んでいるみたいですね。

――県内では珍しい施設なんですね。

真栄田:本当におばけが出る廃墟とかはありますけどね(笑)。

内間:学生時代に名護の廃墟にいったら、ビックリするくらい下半身がギンギンになりましたよ。外国人の霊がいるらしくて、たぶん憑りつかれたんだと思います。

真栄田:アレはヤバかったですよ。怖くて近寄れなかったですもん……。

内間:“沖縄おもろおばけ屋敷”なら、そんな弊害もなく純粋に楽しめるので安心してください。

真栄田:あとは、僕が館内のナレーションを務めているのでそちらも注目して欲しいです。

――真栄田さんの声、暗いところで聞くと怖そうですね。お二人が注目していて、キャストでこの芸人さんと会えればラッキーという人はいますか?

真栄田:セブンbyセブンですね。東京にいる沖縄出身のコンビなんですけど、おばけ屋敷のために沖縄に強制帰還させられたんですよ(笑)。

内間:モノマネが得意なんで、見つけたらお願いしてみるといいですよ。

真栄田:萩原流行さん、すしざんまいの社長、大勝軒のオーナー、あとはたまに『ストリートファイターⅡ』のベガが見られたら当たりの日ですね。

――見かけたらお願いしてみます! ちなみに、お二人がおばけ以外でいちばん怖いモノって何ですか?

真栄田:“税金”ですかね。あとは“気を持たせる女”が怖いです。最初に言ってくれよ、お前も時間の無駄だろって思います。

内間:僕は“家のローン”ですね。世田谷に家を買ったんですよ、6000万の。35年ローンで金利が恐ろしいです。でも欠陥住宅で、見たことがない虫も飛んでるんですよ。怖いです。

――『探偵!ナイトスクープ』の世界ですね(笑)。

内間:探偵さんに依頼してみようかな。床は断熱材が入っていないから異常に冷たくて、天井は屋根裏がないから逆に暑いんですよ。建築士が「“なぞなぞ”みたいな家だね」って言ってました。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。