ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トイザらスの子供向け暗視スコープが凄すぎる! 戦場でも使えるレベル?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

暗視スコープというと何だか怪しいグッズのような気がしますが、戦場では欠かせない戦利品のひとつとなっています。私たちが戦場に行く機会はあまりないと思いますが、暗視スコープを使ってサバイバルゲームをしたり、夜の公園を冒険したりしている人はたまにいるようです。

そんな暗視スコープの玩具がトイザらスで販売されているらしいのですが、あまりにも本格的で高性能らしく、真っ暗闇の部屋の中でもクッキリハッキリ見えるらしいのです。その性能は玩具以上のものがあり、インターネット上では「最近の子供の玩具がハイテクすぎる」と話題になっています。

動画共有サイト『ニコニコ動画』には、その暗視スコープの性能がどれほど凄いのか、試している動画が掲載されています。その動画を見る限りでは、玩具というには高性能すぎる暗視スコープだと感じました。部屋が真っ暗闇なのに、ハッキリと何があるのかわかってしまうのです。

この暗視スコープは『アイクロップス ナイトビジョン2.0』という名称でトイザらスで販売されており、定価は7,999円ですが、セール価格として5,997円で販売されています。商品説明には、「USで大人気!今度の「アイクロップス」は暗闇でも見ることができる双眼鏡タイプ。リアルナイトビジョンテクノロジーを搭載した、赤外線ライトで、暗闇でもハッキリ見ることができます。暗いところで活動する動物や虫を観察しよう!」と書かれています。

性能もなかなかで、長距離モードは最大15メートル先まで暗視することができ、近距離モードでは限りなく近くの物体をハッキリと映し出すことができるようです。15メートル先までしか見れないのであれば戦場で使うのは難しそうですね。悪用する人が出てこないか心配ですが、気になる人は要チェックのアイテムといえるでしょう。

画像: ニコニコ動画

■関連記事
中国人が「アイヤー!」とハッキリ言っているのがわかる動画
『Amazon』がPS3『ムーヴ』ゲームソフトを投売り中! なんと半額!
ホリエモン「iPhoneユーザとしてはそろそろ我慢の限界。日本通信のSIMに切り替えよう」
『風の谷のナウシカ』のオームを唐揚げにして食べてみた
小学生にありがちな行動

apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP