体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【残念な地方自治】10分1000円ヘアカット店に未使用の洗髪台があるのは規制のせいだった!(1/2)

原英史さん

登場人物
原=原英史さん(政策工房)
ふかみん=深水英一郎(ガジェット通信)

原さんプロフィール:
原英史(はらえいじ) 1966年東京生まれ。東京大学法学部卒、米シカゴロースクール修了。89年通商産業省入省、07年から安倍晋三、福田康夫内閣で渡辺喜美・行政改革担当大臣の補佐官を務める。09年7月に退官後「政策工房」を設立。政策コンサルティングをスタート。近著に『官僚のレトリック』(新潮社) 10年10月、国際情報誌『SAPIO』にて連載開始。

●”洗髪台条例”が突然全国に広がっている理由

ふかみん:今回も興味深い話ですね。テーマは「散髪にまつわる規制」ということで。まぁ、僕はハゲで髪の毛薄いからあんまり関係ない分野ですけれども。

原:はい……。10分1000円ヘアカットの話をしましょうか。使ったことがある人も多いと思うんですけれども。

ふかみん:僕も1000円ヘアカット使ったことあります。あまりヘアないですけどね!

原:えぇ……時間がない時、便利ですよね。髪洗ったりしてると、どれだけ簡単にすませようと思っても、散髪には30~40分はかかってしまいますよね。

ふかみん:僕はまあ、すぐに終わっちゃうんですけれども。丸坊主なので。丸坊主にするだけで何千円も払うのはしゃくなので、こういうのができてすごく良かったなーと思っています。

原:時間も短縮できるし安くすむし、良いことずくめのようなんですが、今回取り上げているのは、こういう10分1000円の理髪店が、実は存亡の危機にありますという話なんですね。

ふかみん:一体どうして……。

原:ああいうところってご存知のように髪を洗わないわけですよ。

ふかみん:そうですね。掃除機みたいなのでシューッとやりますね。

原:そうそう。シューッと吸い取るんですね。だから早くすむって話なんですけれども。昔ながらの床屋さんだったら、必ず洗髪台があって、シャワーで流してくれましたよね。あれがもう、置いていないわけです。

ふかみん:別にあそこで髪を洗う必要もないし、僕も1000円カット登場以前から散髪のとき洗髪を断ることもありました。

原:1000円カットのところって髪を洗わないというのが前提になっているから、最初から洗髪台をつけていない。それはもうひとつ意味があって、洗髪台をつけるとやっぱりスペースをとっちゃうんですね。店舗面積が広くなっちゃう。どうしても。

ふかみん:工事も大変ですしね。お湯が出るようにしたり、下水を通したり。

原:洗髪台のコストもかかりますし。あとはたとえば駅の中に出店しようと思った時に洗髪台をつけるとなったら、水道が通っているところを探さなければならない。そういうので立地条件の制約になったりもするわけですよ。だから、たとえば今、1000円カットの最大手の『QBハウス』などは、そういう洗髪台をつけない。店舗面積は思い切り効率化する。そのことによって、お客さん向けに一番良いサービスを効率的に提供していく。それを追求しているわけですね。

1 2 3 4次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会