体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Twitter』のツイートをCNNニュース風に読み上げて動画にしてくれる『UNIQUELY JAPAN』キャンペーンプロモーションの収録現場に行ってきました

『Twitter』のツイートをCNNニュース風に読み上げて動画にしてくれる『UNIQUELY JAPAN』キャンペーンプロモーションの収録現場に行ってきました

「CNNj」ロゴが表示された画面で、外国人ニュースキャスターが英語でニュースを読み上げる動画。よく見てみると、ニュースの内容は「Hirokoさんが会社の同僚に栗をいっぱいもらいました。栗ご飯を作る予定です」……なんだこりゃ。実はこちら、CNNが11月に日本向けに特番を集中して放送する『UNIQUELY JAPAN(ユニークリー・ジャパン)』のキャンペーンプロモーション。一般ユーザーが『Twitter』で投稿した身の回りのニュースをニュース番組風に収録して、『YouTube』に公開しているのです。一風変わったこの企画の収録現場を取材させていただきました。

※一部の画像しか表示されない場合はこちら( http://getnews.jp/archives/85970 )をご覧ください

撮影に使われる会議室

このプロモーションを企画・制作するのは、広告代理店のI&S BBDO。さぞかし立派なスタジオで収録しているのかと思いきや、撮影に使われている広めの会議室と、控え室の小さな会議室だけでした。制作に携わっているのは、社内スタッフ10人程度と、スタッフのお友達から起用したキャスター2人。CNNは直接制作にはかかわっておらず、原稿や映像をCNNらしく見せるための監修として参加しています。

ユーザーが『UNIQUELY JAPAN』のサイトから、もしくは「#CNNj_MyNews」のハッシュタグをつけてツイートしたニュースがピックアップされてニュース原稿にまとめられ、1日に10~15本のニュース動画を制作、『YouTube』に公開しています。一般に「堅い」と思われがちなCNNに親しみを持ってもらうために、実際にCNNでは記者がアカウントを持って発信しているという『Twitter』を活用したキャンペーンを企画したとのこと。効果については、ビジター数やソーシャルメディアでの露出など、プロモーション開始時に立てた目標を4日ほどで達成できたそうです。

日本語原稿に英語原稿を記入

制作現場をのぞいてみましょう。ピックアップされたツイートは日本語のニュース原稿に直され、さらにニュースキャスター役のスタッフが英訳した原稿に直します。ツイートを原稿にする際のポイントは、情報をうまくはしょって伝えたいことを伝えること、センテンスを短く、テロップにしたときに面白そうな内容にすることだそうです。

本番前の打ち合わせ中 最終原稿が完成

控え室にスタッフが集合し、原稿を読み合わせ。ニュース風の内容になっているか、日本語のニュアンスが正しく英訳されているかなどのチェックを経て、最終原稿が完成します。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。