体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Google』で賢く探すために最低知っておくべき5つのこと

読書猿Classic: between / beyond readers

今回はくるぶし(読書猿)さんのブログ『読書猿Classic: between / beyond readers』からご寄稿いただきました。

『Google』で賢く探すために最低知っておくべき5つのこと
検索オプションや演算子の紹介や「辞典になる」「電卓になる」みたいな機能紹介は省く(これについては、『Google』のヘルプセンター *1 か、たとえばここ *2 を参照)。

*1:『Google』ヘルプセンター
http://www.google.com/support/websearch/
*2:『Google』検索コマンド一覧
http://search.web-sun.com/g_help.html

以下では、基本の考え方と、それを受けて具体的にどう検索するかを、いくつかの事例をつかって簡単に説明する。どれも知っている人にはあたりまえのことばかりだが、このあたりのことをまとめたものは意外に少ないようなので、メモがわりになるようにまとめてみた。

まとめたのは最低限のものであって、取り上げるべき事項は他にもいろいろあるだろうが、簡素なのがウリということで。
考え方は、『Google』で検索するときだけでなく、調べもの全般に用いることができると思う。

1.(基本)○○について××が知りたい → 検索語 「○○ ××」

[例]富士山の高さが知りたい

(考え方)
→ 富士山の高さが知りたい
→ 「富士山」(○○)について「高さ」(××)が知りたい
→ 検索語 「富士山(○○) 高さ(××)」

(探し方)
→ 「富士山 高さ」でググる

2.(絞り込む)何の一種かを考えて、キーワードに加える

[例]学校の聖堂にかけてあった子供がお祈りしている絵のタイトルが知りたい

(考え方)
→ 画像検索を使おう
→ 聖堂にあった絵だから英語で検索
→ 検索語「child」「pray」→探しているのは絵画の一種だから「painting」や「fine art」をキーワードに加えて絞っていく

(探し方)
→「child pray fine art」でGoogle画像検索

ちなみにこの事例で探していたのはこの絵。

googleで賢く探すために最低知っておくべき5つのこと

The Infant Samuel (circa 1776)
Joshua Reynolds
Musee Fabre, Montpellier, France
Tate Britain, London, United Kingdom

http://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Infant_Samuel_at_Prayer_-_Sir_Joshua_Reynolds.png

3.(広げる)関連語を使って表現のゆれに対処する

[例]ソクラテスが言ったという「近ごろの若者は年長者を敬わない」とかいう言葉を探す

(考え方)
→ (とりあえず英訳を探すとして)「若者」にあたる語としてyouthをつかうかyoungをつかうか、はたまたchildか、それともkidsか迷う。「敬わない」もdisrespectかdon’t obeyかいろいろ迷う。
→ 思いつく限り「|」(「または」を意味する)で区切って並べる。

(探し方)
『Google』の関連語検索を使う。検索語の前に「~」(チルダ)をつけると関連語を含めて検索できる。
「~child」なら「child」の他に、「boy」「girl」「baby」「kids」「young」などでも検索してくれる。
→ 「~child ~disrespect ~elder socrates」でググる(Googleで検索をする)

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。