ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古今東西の記憶術をざっくり7技法にまとめてみた

読書猿Classic: between / beyond readers

今回はくるぶしさんのブログ『読書猿Classic: between / beyond readers』からご寄稿いただきました。

古今東西の記憶術をざっくり7技法にまとめてみた

0.共通する事項 / 技法以前の事項
すべての技法が、連想、視覚化、有意味化、組織化というプロセスを用いている。
・連想:すでに記憶されているものに、記憶したいと思う新しいものを連想で結合する
・視覚化:連想での結合は、視覚イメージ化したもので行われる。“生き生きした”、“視覚的な”、“とっぴな/ばかばかしい”イメージが望ましい
・有意味化:それ自体意味がないもの(例:数字の羅列)を変換することで意味のあるものに変える
・組織化:ばらばらのものを組織化/体系化することで覚えやすく、また思い出しやすくなる。覚えたいもの全体の有意味化

技法以前の前提として、
(a)記憶したいものには十分な注意を払う必要がある(一度に多すぎる量を入力すると、有限な認知資源である注意の手が回らなくなる/多すぎぬ量ごとに覚える)
(b)興味をひくものは記憶しやすい。動機付けがあると記憶されやすい
(c)フィードバックすることで、(c—1)正しく覚えていることが確認できるとモチベーション・興味が維持される、(c—2)間違って覚えたものを発見することで、修正への動機付けが得られ、また注意を振り向けることができる

1.場所法  Loci system
最も古い記憶法。よく使う通りやよく行く場所、自分の部屋(にある家具)など熟知したものを手がかりに、記憶したい事項を結びつけて記憶する。

2.頭文字法 Acronyms
覚えておきたい事項、キーワードの頭文字を用いて、意味のある単語にする。

例:アメリカの五大湖→HOMES ・ ヒューロン(Huron)湖、オンタリオ(Ontario)湖、ミシガン(Michigan)湖、エリー(Erie)湖、スペリオル(Superior)湖。

新しく覚えるためよりも、一度学んだことを忘れにくくする方法。

3.かけくぎ法 Peg system(『ワタナベ式記憶術』では“基礎結合法”)
場所法の改良。場所法の使える“熟知したもの”はそれほど多くないので、たくさんのものを記憶しようと思うとすぐ足りなくなる。かけくぎ法は“熟知したもの”のかわりに使える“かけくぎ(ペグ)”を用意しておく方法。

かけくぎ(ペグ)を準備しておくことと、あらかじめ記憶しておくことが必要になる。良く用いられる“かけくぎ(ペグ)”には、手の指、体の場所(頭、額、目、鼻……腹、急所、もも、ひざ、足)、家族(祖父、父、祖母、母、兄、姉、弟、妹)、アナログ時計の針の位置、一年の月別行事、十二支、次に示す音声変換法でつくったペグなどがある。

記憶術を使って記憶済みの事項も“かけくぎ(ペグ)”に使える。覚えたいものの構成と似た“かけくぎ(ペグ)”が使えると、思い出す時のアクセスがはかどる(例えば本の構成を覚えるには、ツリー構造をもつ“かけくぎ(ペグ)”が使えるといい)。

4.数字変換法 Phonetic number system(phonetic mnemonic system、Major Systemとも言う、『ワタナベ式記憶術』では“変換法”)
数字を記憶する方法。0〜9のそれぞれの数字に音を割り当てて、有意味な言葉に変換する。数字に音の近い言葉を用いる方法(ごろ合わせ)と、五十音の各“行”をそれぞれの数字に割り当てる方法とがある。後者はア行なら“ア、イ、ウ、エ、オ”のすべてが“1”、“カ行”はすべて“2”……と置き換えられるので、使えるバリエーションが多く有意味な言葉を作りやすい。

年号や電話番号など数字の記憶に効果を発揮する他に、原理上、無数の“かけくぎ(ペグ)”を数字から作ることができるので、かけくぎ法のペグが足りなくなることがなくなる。

『ドミニク オブライエン』のDominic systemもまた数字をアルファベットに割り当てる(1→A、2→B、3→C、4→D、5→E、6→S、7→G、8→H、9→N、0→O)。記憶したい数字を2ケタずつアルファベットに変換し、さらにそのイニシャルを持つ有名人に変換する(例:27→BG→ビル・ゲイツ)。

5.連鎖法  Chain system(Link systemとも言う、『ワタナベ式記憶術』では“連想結合法”)
一連の事項を順番(シーケンシャル)に記憶する場合に用いる。場所法やかけくぎ法が、既知のもの / 用意しておいたものに、覚えたい物を結びつけるのに対して、覚えたもの同士を2個ずつ連想で結びつける方法。たとえばABCDE……といったものを覚える場合、AとBをまず結びつけて覚え、次にBとCを、その次にCとDを……といった風に、数珠つなぎにして覚えていく。“かけくぎ(ペグ)”の用意がいらないのが特徴だが、最初の事項(今の例ではA)をかけくぎ法で覚え、あとは連鎖法で覚えるなど、組み合わせても用いる。

6.スペースド・リハーサル法 Spaced rehearsal (Spaced repetition、Expanding rehearsal, Graduated intervals, Repetition spacing, Repetition scheduling, Spaced retrieval and expanded retrievalなどとも言われる)
例えば1日後、3日後、1週間後、2週間後、1ヵ月後……といったように、復習するタイミングを次第に開けていく方が定着率が高い。

DWM法では、35分を1モジュールとして、次の時間配分で、スペースド・リハーサルと初期学習を組み合わせたスケジュールを組み立てる。最初の20分を新しい学習に、次の4分間をインターバルに、次の2分ずつを1日(Day)前の復習、1週間(Week)前の復習、1ヵ月(Month)前の復習にあて、最後の5分間を今日覚えた事項の復習にあてる。20分+4分+2分×3+5分=合計35分。

7.エラーレス学習 Errorless learning
試行錯誤によって人は(生物は)学習するが、試行錯誤の期間を短縮する方法。

問題を解く際に、最初は正解の方に“印をつける“大きな文字にする”などして、目立たせておく。問題練習を繰り返すうちに、印は消し、文字も小さくしていく。記憶障害をもつ人のトレーニングにも用いられる。公文式のプリントで、最初は答えが薄い文字で書いてあるのもこれ。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。