ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SAKEROCK 新アルバム&ライヴをもって解散

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SAKEROCKが4月8日に発売する最新アルバム『SAYONARA』と6月におこなわれるライヴをもって解散することを発表した。

★オリジナル・メンバー5人で制作されたラスト・アルバム
2000年に結成以来、リーダーの星野源(V0.G)、浜野謙太(tb)らを中心に活動してきたSAKEROCK。前作『MUDA』より実に4年半ぶりのリリースとなる5thアルバム『SAYONARA』は、プロデュース・作曲のすべてを星野源が務めており、脱退したメンバー2人、野村卓史と田中馨も参加。オリジナル・メンバー5人で制作されたラスト・アルバムとなっている。

★ラスト・ライヴ〈ARIGATO!〉を開催
また、ラスト・ライヴ〈ARIGATO!〉を6月2日に両国国技館にて開催されることも併せて発表された。実にSAKEROCKらしく、華やかに笑顔で最後を迎えることになりそうだ。

★SAKEROCKリーダー・星野源のコメント全文

少し長いですが、お付き合いいただければと思います。
2013年の夏の入院中、「SAKEROCKでやりたいことはなんだろう」とずっと考えていました。3人体制になってからというもの、バンドとしての活動がうまくできず、次の動きを考えている間にメンバー個人の活動が本格化し、次第にそれぞれの「戦う場所」が生まれました。どんどん時間は過ぎ、「SAKEROCKで戦う意味、活動する意味」を見つけようと思えば思うほど、やりたいことがわからなくなっていきました。ここはきっぱり解散するしかないのかな……。そんな想いでベストアルバム『SAKEROCKの季節』に収録された「Emerald Music」のMVの編集をしていたとき、差し込んだ過去のオフショット映像で馬鹿みたいに笑っている初期の自分たちを見ながら、ふと「この頃に戻りたいな」と思いました。「でも解散するとしたら、もう無理だな」とも思いました。すると、急にポジティブな感情が生まれたのです。「解散するからこそ、できるのではないか?」解散するからこそ「最後にもう一度脱退した二人を呼び戻すこと」もありなのではないか。そうしたら今まで一度も作ることができなかった「オリジナルメンバーでのアルバム」ができるのではないか。そしてその5人で、戦ったり、挑戦したりするのではなく、ただ「メンバー全員で楽しく演奏する」ことがしたい。そのとき、SAKEROCKで心からやりたいことが見つかりました。メンバーの大地くんとハマケンに相談すると、解散することを含め賛同してくれ、元メンバーである卓史くんと馨くんにお願いすると、二人とも快く引き受けてくれました。5人での制作は本当に楽しく濃密で、ポジティブな空気に満ちていました。その勢いの中、1stアルバムのようなラストアルバム『SAYONARA』が完成しました。この1枚で思い残すことなく、自分が結成当初から目指していた音、インストバンドSAKEROCKのすべてを出し切ることができたと思います。
6月のライブをもって、SAKEROCKは5人で解散します。
5人で同時に終われるということが、本当に嬉しい。
メンバーのみんな、本当にありがとう。
そして、ここまでたどり着けたのも、今まで応援してくれた皆さんのおかげです。
本当にありがとう。

SAKEROCK 星野源

尚、ラスト・ライヴとなる6月2日(火)両国国技館〈SAKEROCK / LAST LIVE“ARIGATO!”〉のチケット詳細、発売日などは3月9日に発表される。(岡本貴之)

・SAKEROCK オフィシャルサイト
http://sakerock.com/
・カクバリズム オフィシャルサイト
http://www.kakubarhythm.com/
・SAKEROCKの作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/6925

SAKEROCK
『SAYONARA』
2015年4月8日(水)
レーベル:カクバリズム

〈収録曲〉
1.Emerald Music
2.Memories
3.One Tone
4.Ballad
5.Orion
6.Couple
7.Alcohol Waltz
8.Sneaker Train
9.Nishi-Ogikubo
10.SAYONARA

〈SAKEROCK / LAST LIVE“ARIGATO!”〉
2015年6月2日(火) 両国国技館
Open 18:00 / Start 19:00
TICKET INFO
※チケット詳細、発売日などは3月9日にお知らせします。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP