ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

博多名物 辛子明太子を自作してみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

福岡出身ということもあって、辛子明太子大好きです。スタッフや東京の友人も好きな人が多いみたいですね。

この時期は、辛子明太子の材料になるスケソウダラの卵が旬を迎えます。そんなわけで大量に自作してみました。

■辛子明太子の材料(およそ一ヶ月分)

助子(スケソウダラの卵) 1キログラム
※生のスケソウダラの卵はネット通販などで手に入りますが、なければただの「たらこ」を使ってもいいです。

韓国産唐辛子の粉 100グラム
塩        300グラム
出汁用の昆布   30センチ
日本酒      4合(約720CC)

■つくりかた

助子(スケソウダラの卵)は、塩水で洗ってよく汚れを落とします。(たらこを使う場合はこの作業は不要です。)
良く洗ったら、日本酒に塩を溶かしたものに半日浸しておきます。

生のスケソウダラの卵を浸しておいた日本酒を鍋に移し、弱火で沸騰させます。

昆布を加えて……

韓国産唐辛子の粉を混ぜます。

よく冷ましたあと、塩を溶かした日本酒に浸していたスケソウダラの卵に加えて、漬け込みます。

ラップをかけて、1週間漬け込みます。ちょうど一週間過ぎると、熟成して辛子明太子になります。

できあがった辛子明太子は、ラップでくるんで冷凍しておくと、だいたい半年くらいは楽しめます。

あたたかいごはんに乗せてたべるもよし。パスタにあえて、辛子明太子スパにするもよし。ピザに散らしてもよし。
使い道が多いですし、おつまみにも使えますからとても便利ですよね。

出来合のものを買うと、1キロなら下手すると2万円くらいしますが、自分で作れば2000円くらいでできます。
生のスケソウダラの卵は、今が旬の時期。ネット通販や、大きな鮮魚店で手に入りますから、試してみてくださいね。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松沢直樹」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP