体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大学に『Twitter』学科!? イギリスで話題騒然

ガジェ通

2009年9月、イギリスのバーミンガム・シティ大学メディア学科(Birmingham City University/以下、BCU)の修士課程に、ソーシャルメディアコースが新設されるそうです。メディアを研究する大学・大学院は数多くありますが、ソーシャルメディアを専門にする大学院なんてもしかして世界初? 

BCUのきわめてチャレンジングな試みに、イギリス内メディアでは激しい議論が持ち上がっているようです。そこで、各ニュースサイトの反応を、超意訳見出し付でさらっとレポートしてみました。


大学がFacebookとかTwitter、Beboなんかを研究するらしいで」(Telegraph UK) 

「学費£4400の修士課程はブログやポッドキャストの立ち上げ方法も教えてくれる」といきなりひやかし気味に始まるこの記事では、「すでに多数の希望者から問い合わせが来ている」などと大学側のポジティブなコメントを紹介していますが、最後にバーミンガムの学生コメントでピシャリ。「そんなもの、自分で勉強できることばっかりだよ」。(£4400は1£=142円で約63万円、2009年4月現在)

 
Twitter修士号の何があかんねん?」(The Register

「みんなはブログを作る修士課程だと思っているけどそうじゃないんだ」と、指導教官Jon Hickman氏の反論コメントから始まるこちらの記事では、今なぜこのコースが必要だと考えられて開設されたのか、Web2.0的な背景も含めてていねいにフォロー。しかし、Hickman氏は「研究者というよりはエバンジェリスト」と評し、「卒業生はWeb2.0マーケティングの仕事に就いた後にSNSバブルがはじけるかもね」と締めくくるなど、結局は懐疑的なスタンス。

 
バーミンガム・シティ大学はソーシャルメディアコースに関する議論を歓迎」(Birmingham Post

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会