体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ぼくのかんがえた どうせいあいしゃをさべつしていいりゆう」への反論まとめ

みやきち日記

今回はみやきちさんのブログ『みやきち日記』からご寄稿いただきました。

「ぼくのかんがえた どうせいあいしゃをさべつしていいりゆう」への反論まとめ

・百合*1 オタクさん(の、あくまでも一部)が得意げに開陳する「ぼくのかんがえた、どうせいあいしゃをさべつしていいりゆう」への反論まとめを作っておくことにしました

*1:百合(ゆり)とは、女性(または思春期の少女)同士の恋愛、または女性同士の恋愛に近い友愛を題材とした日本の漫画、ライトノベル、アニメなどの作品のジャンルやその概念のこと。
参考:フリー百科事典『Wikipedia』「百合(ジャンル)」
http://ja.wikipedia.org/wiki/百合 (ジャンル)

うちのようなガッチガチにLGBT *2 ニュース *3 を紹介しまくっているレズビアンサイトの掲示板に、「ぼくのかんがえた、どうせいあいしゃをさべつしていいりゆう」を開陳したがる百合オタクさんが定期的に現れるのは、いったいなぜなんでしょうか。現実の同性愛者の置かれた状況などひとつも知らず、知る気もないのに、百合ものをちょこっと読んだだけでわかったつもりになり、「おれ様が指導してやる」とでも思い込んでしまうんでしょうか。いちいち相手をさせられるこちらの迷惑も考えず、いい気なことです。

*2:LGBTとは、男性同性愛者(ゲイ)、女性同性愛者(レスビアン)、両性愛者(バイセクシュアル)、トランスジェンダーの人々をまとめて呼称する頭字語。
フリー百科事典『Wikipedia』「LGBT」
http://ja.wikipedia.org/wiki/LGBT

*3:「LGBTニュース」『みやきち日記』
http://d.hatena.ne.jp/miyakichi/archive?word=%2A%5BLGBT%A5%CB%A5%E5%A1%BC%A5%B9%5D

念のため断っておきますが、うちを訪れる百合好きさんの99パーセントは、そんな人じゃないんですよ。皆さん親切に百合作品の情報や感想を書き込んでくださったり、楽しい話題を振ってくださったり、困ったときには助けてくださったりして、とても楽しく交流させていただいています。百合から入ってLGBTの問題に関心を持って下さる方もいらして、サイトやっててよかったなあとよく思います。

問題は、残りの1パーセントなんです。どれだけサイト構成や注意書きを工夫しても、根拠を添えて反論を書いても、稚拙きわまりない「ぼくのかんがえた、どうせいあいしゃをさべつしていいりゆう」を披露しにくる百合オタクさんというのは決してゼロにはなりません。

特に以下のような周回遅れの“理由”につきあわされるのはもううんざりです。いちいち個別に反論してあげるのも疲れるので、リンクを張って「ここ読んでね」と言うだけで済むよう、あらかじめまとめのエントリを作っておくことにしました。これらの“理由”をもとに「だから同性愛者は異性愛者より不利な扱いを強いられて当然なのだ」と悦に入っちゃってる方は、みそ汁で面ぁ洗っておととい来やがれってことです。
※ながいぶんしょうがにがてなひとは、ふとじのところだけよめば、ようがたりるよ! べんり!

・周回遅れ1:「同性愛は子どもを作れない」

反論:異性愛者は子どもがいなくても庇護(ひご)されています。それに、同性愛者も子どもを持てます。
異性カップルは子どもがいなくても配偶者になれ、法的に庇護(ひご)されるのに、同性カップルにだけ子作りを義務化するのはダブルスタンダードです。また、そもそも同性愛者は子どもを持てないという発想自体が間違いです。実際には異性と子をなす人もいれば、人工授精や代理母で子どもをもうける人も、養子を迎える人もいます。アメリカの2000年のセンサス(大規模調査)では、女性同士のカップルの3組に1組、男性同士のカップルの5組に1組が子どもと暮らしていると報告しているし、英国のヒト受精・胚機構(はいきこう)によると、同国では12年間で約6000人のレズビアンが体外受精/非配偶者間人工授精を受けているそうです。

子どもの有無をにしきの御旗にしてのゲイバッシングはおやめください。

もう少し具体的な話
以下、掲示板にみやきちが書いた文章に加筆して掲載します。

*****
異性カップルはたとえ不妊症でも、無精子症でも、EDでも、子宮がんで子宮を摘出しても、重病で昏睡(こんすい)状態になり、子作りなど到底不可能な状態でも、単に子どもを作らない主義であっても、“配偶者”として認められます。

それなのに同性カップルだけ“子どもができない”ことを理由に法的なパートナーと認めないのはダブルスタンダードであり、とうてい容認できるものではありません。

また、異性同士のカップルなら、連れ子も養子も“家族”として認められます。死ねば遺産も残せるし、血がつながっていなくてもカップルの双方が法的な“親”として認められます。それなのに同性カップルに対してだけ「同性同士で作った実子を持たなければならない」という血統主義を持ち出すのは、やはりダブルスタンダードであり、卑怯(ひきょう)です。

そもそも、人工授精で子どもを持つレズビアンもいれば、代理母に依頼して子どもを作るゲイもいる世の中です。異性と結婚していたときに設けた子どもを、現在同性パートナーと育てている人も少なくありません。もちろん、養子を迎えるゲイやレズビアンもいます。

アメリカ合衆国の2000年のセンサス*4 では、女性の同性カップル世帯の33パーセント、男性の同性カップル世帯の22パーセントが、18歳以下の子どもが少なくともひとり家にいると報告しています。

またBBCニュース*5 によると、英国のヒト受精・胚機構(Human Fertilisation and Embryology Authority、HFEA)の報告では、同国で1996年から2008年の間に体外受精(IVF)を受けたレズビアンは728名、非配偶者間人工授精 (DI)を受けたレズビアンは5211人いるそうです。

このような事実を無視し、想像だけで「同性愛者には子どもがいない」ときめつける方々には、もううんざりです。
*****

*4:「United States Census2000」『U.S.Census Bureau』
http://www.census.gov/main/www/cen2000.html

*5:「Lesbians given equal birth rights」2009/08/31『BBC NEWS』
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/8225158.stm

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。