体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンガのカタチはこれからどうなる? 紙への希望を失った漫画家『佐藤秀峰』連続インタビュー

紙との決別

『寄るべき大樹』はどこにある?

これまで出版社、印刷会社、取次、書店などから成る出版システムに寄り添ってきた出版人たち。そして多くの作家たち。紙の出版が徐々に縮小していき、電子出版に移行がはじまっている今、次の”寄るべき大樹”はどこにあるのか、というのが業界人の最大の関心事だ。時代遅れの出版システムが牛耳るこの日本では電子出版の流れが完全に立ち後れている。しかしながらこのような中にあって、まったくの独自路線に突き進む漫画家がいる。佐藤秀峰。『海猿』『ブラックジャックによろしく』などのヒット作を生み出した漫画家だ。彼が『トラブルメーカー』であるというのはおそらくマンガ業界では有名だろう。業界の慣行を破り、原稿料や印税の交渉を単独でおこない、連載途中で突然の休載、出版社の移籍もおこなった。編集者による作品への干渉を一切拒絶し、原稿受け渡しの際も、一切編集者と顔を合わせない。遂には単行本のカバーイラストを描くことさえ拒否した。漫画家はネーム(漫画の設計図にあたる下書き)を描いたらまず編集者に見せるのが通例だが、それもおこなわない。スタッフと共に黙々と自分の作品を描き上げ、淡々と出版社にそれを渡す。しばらくすると雑誌に掲載され、全国の書店に並ぶのだが、それすらほとんど手にとって見ることはないそうだ。『ブラックジャックによろしく』というヒット作を生み出し、漫画家として成功をきわめたように見える彼は、今、紙の出版に失望しているという。そんな彼が先日、自身のサイトで『海猿』『ブラックジャックによろしく』といったヒット作の全巻を無料公開した。ヒット作を全巻無料で読めるとあって、多くの読者がサイトに殺到した。かつては大きな富を生み出したそれらの原稿。それを無料で公開する真意はなんだろうか。彼の仕事場でじっくり話をきいた。

登場人物
秀峰=佐藤秀峰(さとうしゅうほう。漫画家。代表作『海猿』『ブラックジャックによろしく』など)
ふかみん=ききて:深水英一郎(ふかみえいいちろう。ガジェット通信の中の人)

ペン入れをおこなう佐藤秀峰氏

【本の形はこれからどうなっていくのか】

ふかみん:秀峰さんは、紙での出版を徐々に切り捨て、自身のウェブサイトでの電子出版に一本化しているように見えます。紙の出版はなくなってしまうんでしょうか。

秀峰:”本”っていうのは、情報を効率的に広めるための手段だったわけじゃないですか。でも今、ネットの方が手段として優れていて、情報を伝え易いし、多くの人に伝わりやすいんですよね。”物体化する”という喜びは確かにあります。例えば”本”というモノが目の前に現れるっていうのはもちろん嬉しいんですが、”記念”以上の価値はないんじゃないかと思うんです。

ふかみん:確かにそうですね。最近は”モノを所有すること”に対する喜びそのものが減ってきているように感じます。代替手段があるのであれば、モノはなくてもいい。昔は紙の本を所有していないと不安でしたけど、そういう感覚は薄れてきているように感じます。

秀峰:そうですね。もう、CDも買わなくなりましたね。「邪魔になる」と思っちゃうんですよね。しかも、どこに置いたかわからなくなっちゃうし。CD屋さんに行ってもジャニーズやポップスなどメジャーなものしか置いてなくて、欲しいものが手に入らないんですよね。

ふかみん:音楽は好きなんですけど、最近まったくCD屋さんに行ってないですね。そういう人が増えたからCD屋さんがなくなるんでしょうけど。本屋さんも同じ道を歩む可能性がありますね。

秀峰:今のところまだみんな”本”に価値があると信じているから、描いているものが書籍化されると嬉しい。でもこれって情報を紙に印刷しただけのもの、ってみんなが気づきはじめたら、別に欲しくなくなるんじゃないかと思うんです。それこそ「インクのにおいが」「手触りが」と言っているマニアの人たちだけのものになっていく。

1 2 3 4次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。