体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これはガスのテーマパークだ! 食と住まいの情報を発信する大阪ガスの“hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)”体験レポート

これはガスのテーマパークだ! 食と住まいの情報を発信する大阪ガスの“hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)”体験レポート

大阪ガスは1月30日、食と住まいの情報を発信する施設“hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)”をオープン。同日の午前中にはオープニングセレモニーを開催しました。調理器具から空調、発電など、ガスを中心とした食や住まいに関する展示が楽しめる、“ガスのテーマパーク”ともいえそうなハグミュージアムを体験してきたので、レポートをお届けします。

大阪ガス発祥の地に建設

ハグミュージアム ハグミュージアム

ハグミュージアムは、京セラドーム大阪に隣接する、大阪ガス発祥の地に建設された施設。入口の脇には「大阪ガス発祥の地」という石碑が置かれています。大阪ガスが3か所で運営していたショールームを1か所に集約し、ガス機器の展示や実演だけでなく、食と住まいに関する様々な情報を発信する拠点として開設されました。

ハグミュージアム

「hu+gMUSEUM」の名称は、人(human)とガス(gas)が出会う場であり続けたいという意味とのこと。同社社長の尾崎裕氏は、器具や展示に触れて体験することで「都市ガスのぬくもりにハグされてほしい」と語ります。

ハグミュージアム

地上5階と大規模な展示スペースを誇るこのハグミュージアムから、オススメ展示をピックアップして紹介していきましょう。

ハグミュージアムの顔“ハグビジョン”

ハグミュージアム

2Fから3Fにかけての吹き抜けスペースにぶら下がるように設置された、5メートル角の巨大なキューブ。これがハグミュージアムを象徴する映像装置の“ハグビジョン”です。二重構造の箱型のディスプレーに、様々なコンテンツが映し出されます。

ハグミュージアム

オープニングセレモニーでは、大阪ガスのテレビCMに出演する上戸彩さんをゲストに迎えて“ハグビジョン”の点灯式が行われました。尾崎社長と一緒にスイッチを押すと……。

ハグミュージアム

“ハグビジョン”の中に住んでいるという火の妖精“ハグさん”が現れました。開館中は時刻を知らせたり、来場者に話しかけたり、館内を紹介してくれるそうです。まさにハグミュージアムの“顔”ですね。

ハグミュージアム ハグミュージアム

“ハグビジョン”を見上げる位置に、「コントローラーの前に立って、いろんな顔をしてみよう」という案内と立ち位置の指示が。

ハグミュージアム ハグミュージアム ハグミュージアム

指示通りの位置に立つと、筆者の顔が“ハグビジョン”で大写しに! 顔の表情を変えると映像のパターンが変化します。コントローラーに取り付けられた『Kinectセンサー』で顔を認識して投影する仕組み。

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。