ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不朽の名作『うしおととら』が遂にアニメ化! 今夏放送決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


1990〜96年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載された不朽の名作『うしおととら』が、今夏TVアニメ化決定! ティザーヴィジュアルが解禁となりました。

『うしおととら』は、主人公の中学生の少年・蒼月潮が「獣の槍」によって特別な力を手にいれ、“とら”と名付けた化け物と共に妖怪たちを倒していくというストーリー。連載終了から20年近い月日が経った今でもカルト的な人気を誇り、「週刊少年サンデー」が生んだ傑作として多くのファンがいます。

今回ヴィジュアルと共に明らかになったのは、監督&制作スタッフ。キャスト陣はこれから発表とのことで、続報が待たれます。

【原作】
藤田和日郎(小学館刊)

【制作スタッフ】
監督:西村聡(『TRIGUN』、『はじめの一歩』)
シリーズ構成:井上敏樹
キャラクターデザイン:森智子
アニメーション制作:MAPPA studio VOLN

【あらすじ】

中学生の少年・蒼月潮は、寺の住職をつとめる父親と二人暮らし。ある日、彼は自宅にある蔵の地下室でとんでもないものと出会ってしまう。それははるか昔、凶悪なバケモノとして民に恐れられ、「獣の槍」によって五百年間も封じ込められていた大妖怪であった! 槍を引き抜いてしまった潮はあわや妖怪に食われかかるが、同時に眠りから目覚めた「獣の槍」の力によって変身し、妖気に群がってきた他の妖怪たちをあっという間に撃破する。槍の威力を恐れて思わず協力してしまった大妖怪は、潮に「とら」と名付けられ、行動を共にすることに。かくして「獣の槍」の伝承者となってしまった少年と、いつか彼を食ってやろうとつけ狙う大妖怪の“うしとら”コンビが誕生したのだった。そして襲いくる妖怪どもを次々と蹴散らしていく彼らは世界の存亡をかけた壮大な戦いに巻き込まれていく……。

(C)藤田和日郎・小学館/うしおととら製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP