ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普通の自転車が電動自転車に変身!心拍数に応じて、サポート力を自動調節も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日の通勤や買い物に、アウトドアに。自転車を愛用する人も多いだろう。最近では電動モーターが付いた電動自転車も、すっかりおなじみになった。とはいうものの、もうすでにお気に入りの自転車があるから、今更新たに電動自転車を購入するのは気が引けるかもしれない。

普通の自転車が電動自転車に変身!

それなら、Falco e-motorsが制作している「Fusion Sports Drive System」がピッタリだろう。これは、ペダルをこいで進む普通の自転車を、電動自転車に変えてしまうキットである。しかも、ユーザーの心拍数をキャッチして、パーソナルなアシストをおこなう機能がある、スマートなツールなのだ。

このキットは、電気駆動モーター、バッテリーパック、コントロールユニットの3つのパーツから構成されている。電気駆動モーターは自転車の後輪に、バッテリーは自転車のフレーム部分に、コントロールユニットはハンドル部分に設置するよう設計されている。

ペダルをこぎ始めると、電動アシスト機能がオンになる。ペダルを一生懸命こげばこぐほどモーターが活性化し、ペダルを優しくこぐと、モーターは静かに動作する。コントロールユニットから、モーターの出力の上げ下げを調節することも可能だ。

心拍数をキャッチ、専用アプリから操作も

また、このキットにはスマートフォンと接続する機能があり、専用アプリを通じて、活動状況を追跡。ユーザーはどれくらいのカロリーを消費したいのか設定ができる。

その設定した運動の目標に応じて、リアルタイムにユーザーの心拍数をキャッチ。もし、設定目標は高いものの、心拍数が高すぎる場合には、電動モーターが働き、サポートを開始。反対に目標より低すぎる場合には、サポートをオフにする。

その他アプリには、ルート履歴やソーシャルシェアできる機能も用意されている。自転車向けのツールは数多く出回っているが、このようにユーザーの心拍数の現状に合わせて、モーターのサポートを調節してくれるものは画期的だし、既存の自転車に搭載できる点もアドバンテージだろう。

Fusion Sports Drive System

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP