体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Anime Symphonia』が開催へ!フルオーケストラでアニメ楽曲を体感せよ

ani

© 2014 Japan Screen Music Symphony Orchestra Association.
2015年7月20日(月・祝)『Bunkamuraオーチャードホール』がアニメ楽曲一色に染まる。

「若い世代に興味のある魅力的なコンテンツを取り上げ、生楽器によるフルオーケストラで演奏することによって、“生楽器による生演奏の良さをより広めていきたい。”、“より優れた感受性を養って頂きたい。”」と、アニメ楽曲をフルオーケストラで演奏する『Anime Symphonia(一般社団法人日本劇伴交響楽団)』が開催されるのだ。

第一回となる同演奏会では、『進撃の巨人』オリジナルサウンドトラックの収録作品を始めとしたアニメ楽曲が登場する予定だという。

演奏に携わる面々もこれまたすごい。『東京フィルハーモニー交響楽団』で指揮者を務める渡邊 一正氏が指揮を、『NHK交響楽団』で 第二ヴァイオリン首席を務める永峰 高志氏がコンサートマスターを務めるなど、そうそうたるものだ。

チケットの発売日や楽曲などの詳細な情報については、今後、特設サイト上で告知していくというが、ほかにどんな楽曲が登場するのか楽しみだ。

現時点で発表されているチケット価格は、S席7,900円・A席6,900円(予定)となっており、昼夜二回の公演が行われる予定という。

■参照■
・Anime Symphonia 特設サイト
http://as01.gekiban.com/
・日本劇伴交響楽団 公式サイト
http://gekiban.com/
・プレスリリース
http://www.atpress.ne.jp/view/56083

※この記事はガジェ通ウェブライターの「北島 要子」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会