ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneユーザーはAndroidユーザーよりも高学歴が多いことが証明? アメリカの広告会社が調査

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

アメリカのスマートフォン市場のシェアを二分するAndroidとiOSのiPhone。使い勝手には一長一短あり、一概にどちらのほうが優れているとは言えない両者だが、アメリカのオンライン広告会社・Chitikaが調査したところによると、大学卒業者数の割合が高い州ほどiPhoneユーザーの比率が高く、また人口密度が高いエリアほどiPhoneの販売数が多くなることがわかったという。

数億のスマートフォンからのトラフィックを解析したところ、アラスカ、モンタナ、バーモント州ではiPhoneユーザーの割合が高く、逆にニューメキシコ、アイオワ、デラウェア州は人口あたりのiPhoneユーザーが少なかった。

この結果から言えることは「iPhoneユーザーのほうが頭が良い」ということではなく、高学歴であるほど高所得になる傾向があることから、必然的にAndroid端末より販売価格の高いiPhoneを購入する機会も多くなるということだとしている。同様に、人口密度が高い(地価が高い)地域に住む人のほうが、iPhoneを選ぶ人も多くなるというわけだ。現在、世界で最も企業ブランド価値が高いApple製品への“憧れ”を抱く人は多い、と言うことはできそうだ。

州ごとのiPhoneユーザーの比率

アラスカ州:65.5%
モンタナ州:60.1%
バーモント州:59.4%
ハワイ州58.7%
ミシシッピ州:58.7%
コネチカット州:58.1%
マサチューセッツ州:56.6%
ニューヨーク州:56.2%
カンザス州:55.6%
ニュージャージー州:55.3%
カリフォルニア州:53.3%
ルイジアナ州:53.3%
サウスダコタ州:52.9%
ウェストバージニア州:52.4%
ニューハンプシャー州:52.1%
ロードアイランド州:52%
イリノイ州:51.5%
グルジア州:50.8%
アイダホ州:50.8%
ケンタッキー州:50.5%
ネバダ州:50.5%
アーカンソー州:50.4%
メイン州:50%
バージニア州:50%
オレゴン州:49.7%
ペンシルバニア州:49.5%
ワイオミング州:49.5%
ネブラスカ州:49%
ユタ州:49%
ノースダコタ州:48.5%
コロラド州:48.3%
ミネソタ州:48.3%
テネシー州:48.0%
メリーランド州:47.8%
サウスカロライナ州:47.2%
アラバマ州:47.1%
オハイオ州:46.3%
ノースカロライナ州:46.2%
フロリダ州:45.8%
オクラホマ州:45.1%
テキサス州:44.9%
アリゾナ州:44.6%
インディアナ州:44.6%
ミシガン州:43.8%
ミズーリ州:43.6%
ワシントン州:43.6%
ウィスコンシン州:43.1%
デラウェア州:42.2%
アイオワ州:42.1%
ニューメキシコ州:40.5%

画像とソース引用:Chitikaリリースより
http://chitika.com/insights/2015/iphone-by-state[リンク]

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP