体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜最強の『レストラン テル』に行ってみた

teru-omu1_R

さて、最近は横浜での洋食巡りを繰り広げる筆者ですが、本日ひとつの答えが出たのでココに発表します。

「濱で最強の洋食屋さんはレストラン テルである!!」

まず食べ物屋さんで強いとか弱いとか、やや意味不明ですがハッキリ言って「最強」以外の言葉が思い浮かばないのです。
と、言う訳でどんだけ『レストラン テル』が強いのかを紹介してみましょう。

雑誌の数が半端なく最強!

まず店内に入ると、その圧倒的な漫画の数に驚く事でしょう。漫喫か? ココは漫画喫茶なのか?
と、思わず本来の目的を忘れて『北斗の拳』を読んでしまう自分にビックリします。

無論、漫画が多いだけでは「最強」と呼ぶのは早計でしょう。しかし! なんと『レストラン テル』にはエロ系も半端ねぇ×2って勢いで積まれているのです!! これは特筆すべき点でしょう!!!

ちなみに『レストラン テル』は意外とカップル的な何かも来店します。当然、横浜最強のレストランなのでランチタイムは混みます。しかもカウンター席はありません。かなりの確率で相席となるのです。

「エロ雑誌を読んでいる時に限って、幸せそうな男女と相席」

これが『レストラン テル』のあるあるです。お前らデートする時は店を選びたまえよって話ですが、真昼間からエロ雑誌を読んでいる人間は説教出来る立場にありません。

このような場合「別の雑誌に取り換える」と言う行為は逆に恥ずかしいので、思い切って2冊目のエロ雑誌、出来ればよりマニアックな「エロ劇画系週刊誌」を持ってきてテーブルの上に置いておきましょう。

なお、子供連れの家族が相席になった場合、速やかにエロスの香りがする雑誌は放棄し、健全な雑誌に切り替えるのが紳士の嗜みです。マナーは守りましょう。

圧倒的な価格設定が最強!!

teru-omu4_R

まずランチタイム(11:30~14:00)だとランチメニューとして

「400円」(税込)

という、神のようなメニューが降臨なされます。もちろんサラダ、スープ、ライスが付いて400円。これは強い! 強すぎて勝てる気がしない!!
まず横浜的には「洋食屋さん」はめっさ多いのですが、さすがにランチでも400円は無いですね。
筆者も大好きな『イタリーノ』(ランチタイムは行列覚悟)ですら、サービスのランチで600円。最強かと思われていた老舗の『ミツワグリル』の580円すらブッちぎりです。

味もボリュームも最強?

teru-omu2_R

さんざんランチ400円をフィーチャーした挙句、筆者のオーダーは「オムライス大盛り」である。さしてランチタイムは関係ないと言える。だが、すでに昨日の夜から

「よ~し、明日はオムライス食べちゃうぞ~」

みたいなモードで就寝したので、あえてココは「オムライス大盛り」でやらせて頂く事にします。

「ところで、このオムライスを見てくれ こいつをどう思う?」

どうです? さっきまでエロ劇画が置かれていたテーブルが、今はこんな感じですよ。これが『レストラン テル』の陰と陽って奴ですよ。

若干、オムライスが大きすぎて、どんだけ大きいのか分かりにくいのが残念ですね。しかも『レストラン テル』のフォークとナイフはチョイと長いので対比で見ると、さして「デカ盛り感」が伝わらないかもです。
しかし、店がちょいちょい混んで来たので撮影も巻きで進行せざるを得ないと言う諸事情もあるので勘弁して下さい。
まあ、実際に食べてみる時のお楽しみって事で、よろしいんじゃないでしょうか? 普通のオムライス3個食べられるなら完食出来ると思います。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy