ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、普通のアイウェアをGoogle Glassのようなメガネ型ARデバイスに変える有機ELディスプレイモジュールを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony は 12 月 17 日、メガネやサングラスなどの様々なアイウェアに装着できる片眼用有機 EL のディスプレイモジュールを開発したと発表しました。製品は 2015 年に発売されます。まずはパートナ企業に対して販売されます。一般消費者向けの発売予定は明らかにされていません。Sony が開発したディスプレイモジュールは、普通のメガネやサングラス、ゴーグルなどのアイウェアを Google Glass のようなメガネ型 AR デバイスに変えるというものです。本体には 0.23 インチで 640 x 400 ピクセルの高解像度を実現した有機 EL ディスプレイ(輝度は最大 800 カンデラ)、光モジュール、ARM Cortex-A7 プロセッサ、400mAh バッテリー、Wi-Fi b/g/n や Bluetooth v3.0+HS などの通信モジュールを内蔵しながらも、重量 40g の軽さを実現しています。これをアイウェアの片側に装着することで、視界の隅にアプリによる情報が表示されるという仕組みです。日常生活やスポーツ、仕事のハンズフリーなディスプレイとして活用できそうです。Sony は 2015 年に製品の量産を開始し、パートナー企業に対してハードウェアとソフトウェア開発キット(SDK)の提供も行う予定です。Source : Sony


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、アルミユニボディを採用したエントリーレベルの8インチタブレット「Honor T1」を発表
京急 空港線の地下トンネル区間で12月24日より携帯電話サービスが開始
レーベルゲート、Android版「mora」で大型アップデートを実施、DSD形式のハイレゾ音源を2015年1月より配信

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP