ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TM NETWORK 30年にわたるミッション終了“キックスターター”小室哲哉が覆す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2012年の完全復活(http://bit.ly/1gmnM4p)以降、活動30年間を地球潜伏期間と銘打ち、2014年にミッションを完了させる印象も与えていたTM NETWORK。彼らは活動を終えてしまうのか―――その真相を全国ツアー【TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30】で明らかにした。

<3人のIPによるミッション集大成、案内人は『CAROL』のヒロイン>

 2012年 日本武道館(http://bit.ly/1gmnM4p)~2013年 さいたまスーパーアリーナ2days(http://bit.ly/1gOQpRz)~2014年春 全国ツアー(http://bit.ly/1jFQle5)と、TM NETWORK 30年間の活動をSF然としたストーリーで描いてきた3人のIP(小室哲哉/宇都宮隆/木根尚登)は、その集大成として冬の全国ツアー【TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30】を開催。12月10日の東京国際フォーラム ホールA公演はなんと無料生配信も実施し、全世界に向けて物語のクライマックスをお届けすることになった。冒頭に誰もが知る名曲「SEVEN DAYS WAR」から「Revolution―――」と慣れ親しんだ歌声が響き渡り、TM NETWORKと記された黒いバトンを宇都宮隆が拾い上げると、FANKS(TMファンの通称)にはお馴染み『CAROL』のヒロイン キャロル・ミュー・ ダグラスが登場。彼女は今回の物語の案内人であることを告げる。なんてドキドキさせる構成だろう。

<リアルとファンタジーを行き来、時空も宇宙も超えて音楽を届ける>

 振り返れば、いつもTM NETWORK/TMNはそうだった。リアルとファンタジーを行き来しながら、時空も宇宙も超えて音楽を届ける。受け手がどんなに年齢を重ねても子供心を蘇らせ、無くしてはならないもの、諦めてはいけないものを思い出させる。この日披露された最新アルバム『QUIT30』収録曲も往年の名曲もすべてがメッセージ。ゆえに我々はそのすべてに一喜一憂し、生命の鼓動を実感できる。キャロルはこの30年間にわたるミッションの中で3人のIPが見つけたものは“断片、破片、欠片”と言った。しかしそれを組み合わせれば人々にとって掛け替えのない大切なものになる。正しくTM NETWORKのプロジェクトにおける本懐。歴史そのもの。ソレなしに彼らと我々の30年間は成立し得なかったし、こんなにも3人を前に激しくときめくこともなかった。

<攻撃性を前面に打ち出した木根尚登の姿 正真正銘のギタリスト>

 アコースティックギターを手にひとり腰掛け、弾き語る木根尚登。曲は「LOOKING AT YOU」(前日の公演では「月はピアノに誘われて」を披露したそうだ)。まるでストリートミュージシャンのようにマイクも持たず歌い出し、それも激しくエモーショナルに心打つ歌を響かせてみせる。さらにエレキギターを手にすると、なんと小室哲哉のショルキーと速弾きバトルを展開。TM結成時にキーボードからギターメインにパートを変更するも、ギターソロのほとんどを松本孝弘や葛城哲哉といったサポートミュージシャンに譲っていた彼だが、この日の木根尚登は誰が何と言おうと正真正銘のギタリストであり、終盤のTK Solo~「Get Wild 2014」という最大の見せ場でもギターを全身全霊で掻き鳴らして強烈な存在感を見せつけた。飄々とした彼も素敵だが、攻撃性を前面に打ち出した彼の姿はグッと来る。

<“彼はいつもキックスターターだった”>

 TM NETWORKの進化を象徴してきた「Get Wild」が最新アップデートされていく様にこの上なく鼓舞させられた後、IPの3人は“任務を終えるはずだった”とキャロルが告げた。これはイコール終了説を覆すに十分なワードと言え、その理由が“彼はいつもキックスターターだった”と称される存在の行動によるものと説明され、スクリーンに小室哲哉の姿が映し出された瞬間の高揚感たるや。リアルとファンタジーの境界線が崩壊し、客席にはガッツポーズを決めるFANKSの姿も見受けられた。そのキックスターターが例のバトンを拾い上げると、唸るように重厚なシンセサウンドが会場を埋め尽くしていき、振り返ればリアルでも“ひとつの終焉、新たな始まり”を告げることになった重要曲「THE POINT OF LOVERS’NIGHT」が披露される。

 そして、捕われた心を粉々にする為の、思い切り泣いて、思い切り笑って、君を取り戻す、夢を取り戻す為の「Self Control」を発動。さらには「とめどなく溢れる涙は拭かずに 僕らはもっともっと エモーショナルでいいのさ」と『LOUD』まで畳み掛け、TM史上最も“人間”的なアクトが完成。キャロルは“創造力、情熱、想像力”は誰しもの中にあり、それを目覚めさせるものが音楽である”と言ったが、そこには我々を明日へと立ち向かわせるに十分な音楽があった。

<Next mission is commanded.>

 最後に「The Beginning Of The End II」「The Beginning Of The End III」を届けた彼らは、それぞれ世界各地へと散らばっていく。何の為に? その答えは木根尚登の持つPCに映し出されていた。「Next mission is commanded.」

 さて、こうして継続されることになったTM NETWORKの物語だが、来年2月7日と8日にさいたまスーパーアリーナ、2月14日と15日には神戸ワールド記念ホールにて【TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA】が開催される。終わりのない夢、終わりのない情熱。彼らは“Next mission”で何を告げるのだろう。ぜひ注目してほしい。

取材&テキスト:平賀哲雄(FANKS)

◎ライブ【TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30】
12月10日(水)東京国際フォーラム ホールA セットリスト:
Opening.SEVEN DAYS WAR
01.Birth
02.WILD HEAVEN
03.TIME TO COUNT DOWN
04.The Beginning Of The End~Mist
05.Alive
06.君がいてよかった
07.Always be there
08.STILL LOVE HER
09.Glow
10.I am
11.Get Wild 2014
12.Loop Of The Life~Entrance Of The Earth
13.THE POINT OF LOVERS’ NIGHT
14.Self Control
15.LOUD
16.The Beginning Of The End II~The Beginning Of The End III
Ending.Alive(TK Mix)

関連記事リンク(外部サイト)

TM NETWORK ライブツアー東京公演を無料生配信
TM NETWORK30周年記念本“TK編”発売、小室哲哉×秋元康のSPトークも
TM NETWORK ショルキーを破壊する小室哲哉になりきるチャンス到来

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP