体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

職場は楽しくあらねばならない 驚きの米国職場体験

The Wisdom of Crowds - JP

今回はHALさんのブログ『The Wisdom of Crowds – JP』からご寄稿いただきました。

職場は楽しくあらねばならない。驚きの米国職場体験
この記事は“楽しい職場、アメリカの日本と全く異なる労働観”について紹介します。多くの日本人にとってはきっとeye opening(目が見開かれる)で、jaw dropping(あごが落ちる)な驚きの内容かと思います。協力してくれたのはノア。ノアは本当に楽しそうに働いているアメリカ人です。彼についてはすでに記事を書いているので、こちらも読んでみてください。

「New Yorkで最も幸せな住人の1人、Noah(ノア)。」 2010年5月3日 『The Wisdom of Crowds – JP』
http://wisdomofcrowdsjp.wordpress.com/2010/05/03/a070/

仕事をしている人なら毎日が常に忙しくない、時には暇な時間があることは知っているかと思います。日々の仕事には繁閑(はんかん)があります。でも、多くの日本企業の場合だと暇そうにしていると“評価が下がる”し、悪い場合には“叱責(しっせき)される”のはないでしょうか。だから多くの日本人はたとえ忙しくなくても、忙しいふりをしている人が多いと私は思います。

一方、ニューヨークで働くノアの場合(アメリカの一流金融企業勤務)はというと、彼の職場では仕事が暇な時には『Wii』で『大乱闘スマッシュブラザーズX』か『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』で遊んでいると言っていました。???? 私は最初ノアが何を言っているのか全く理解できませんでした。「同僚同士集まって『Wii』のテレビゲーム大会をしているのがアメリカの職場!?」とそれを聞いて驚いてあごが落ちました。ノアによると「仕事が忙しくないときは職場でみんなと遊ぶに限るよ♪」と言っていました。そしてまたjaw dropping(驚いてあごが落ちる)という表現はこの時ノアから教えてもらいました。思い返してみると、私のインターン先でも、金曜日の午後くらいになると“勤務時間中に社員の人同士が卓球をしている光景”をよく見ました。卓球をしている彼らは楽しそうでしたね。

確かに“仕事が暇なときに忙しいふりをしている”よりは“暇な時は割りきって遊んでしまう”方が社員の職場に対する忠誠心は上がるし、仕事に対するやる気は増します。日本の常識を捨てて考えてみれば、ノアの職場の方がよほど社員のやる気を引き出す事を工夫している職場なのかもしれません。仕事の効率を追求している『トヨタ生産方式』*1 においても、「現在手元に仕事がない場合ははっきりとそれが分かるようにしなければならない」と説いています。しかし、たいていの日本企業の事務所においてはこの『トヨタ生産方式』の教えが守られていません。

*1: 『トヨタ生産方式—脱規模の経営をめざして』大野 耐一著 ダイヤモンド社
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=978-4-478-46001-6

これに関連した話があります。国連本部にノアと一緒に観光した後に「この近くで友達が働いているから紹介するよ」と言われて、日本人でも知っている有名銀行に向かいました。その職場を訪問したら、ノアの友人が出てきて「よく来たね♪」と歓迎して、どんな風に仕事をしているか教えてくれました。別にこれくらいならもう驚かなかったのですが、その友人と話した後にその友人の上司の所まで連れていかれて、その上司とも楽しく歓談しました。見ず知らずの日本人観光客を歓待してくれる余裕がある職場って……。なんだかもうこの時は驚きすぎて疲れました。「彼女全然働かないだろ? KAIZEN *2 を知っている日本人として彼女の働きぶりはどうかな?」「私は今日は”5時間”は熱心に働きますよ! プンプン」という会話がそこで行われていました。私は、jaw dropping(驚いてあごが落ちる)のままで会話になんとか参加しました。

*2: KAIZEN……改善。トヨタ生産方式の基本概念の1項目。一般的意味は悪い状態を改めてよくすることであるが、製造業で用いられる用語としての改善は、工場の作業者が中心となって行うボトムアップ活動のこと。
「改善」『フリー百科事典ウィキペディア』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/改善

『Twitter』上で「余裕のある人は遊んでいても良い文化があるとしても、仕事の偏りがあった時に遊べないくらい忙しい人が“うるさい!”とか“集中できない!”とか言うことになったりはしないのですか??」という質問をもらいましたので、ここで補足説明します。アメリカと日本の事務所の配置は全く異なります。だから大丈夫です。アメリカの職場ではたいてい個室が与えられます。そこで周りからの雑音を気にせずに仕事ができます。一部屋に全員を押し込んでいる日本とは違います。そして、『Wii』の大会や卓球で遊んでいるのはたいてい大会議室です。テレビゲームを会議室にある大画面テレビで遊ぶのは楽しそうですね。

職場が楽しい企業ではサウスウエスト航空が有名ですが、アメリカでこの企業が生まれるだけの理由があるのだなとノアとの体験、そして私のインターンシップ期間に体験したことを通じて実感しました。

以下、職場が楽しいことで有名なサウスウエスト航空の業務風景です。1分過ぎくらいから面白いです。
『ラップで機内アナウンス(日本語字幕つき)The Rapping Flight Attendant』
http://www.youtube.com/watch?v=fD-yyMzF8lI



サウスウエスト航空では職場環境を良くすることで離職率を低め、また優秀な人材を自社に引きつける戦略を取っているのです。ラップで業務をするサウスウエスト航空も、勤務時間中に卓球で遊ぶ私のインターン先も、給料は平均かそれ以下です。別に特別な能力を持っているから、特別な職場環境が与えられているわけではありません。これは楽しい職場環境を提供することで、高額の賃金を出さなくても社員のやる気・忠誠心を高めようとしているためです。またこの記事で後述しますが、他にも利点として職場の雰囲気を明るくして風通しを良くすることで、社員同士が自由に意見を言える職場環境をつくりあげています。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。