ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

匠の技の超微細加工トミカ 『アルミ製 フェアレディ Z 432』限定発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アルミ製トミカ

タカラトミーは、ダイカスト製ミニカー『トミカ』が今年で40周年を迎えたことを記念して、『超微細加工 アルミ製トミカ フェアレディ Z 432』(20万円/税込み)を8月20日から、一部のインターネット・携帯通販サイト及び一部店舗にて、100台限定の受注生産方式で受け付け開始します。価格は税込み20万円で、最長9月30日まで受け付け。商品配送は2010年12月予定しています。また、8月20日(金)~29日(日)の期間で開催する『トミカ博in TOKYO』(幕張メッセ)会場内でも展示予定です。

運転席

『アルミ製トミカ』は、『トミカ』誕生40周年にあたり、日本の技術力と、素材を生かした最高の『トミカ』を作りたいという想いから、金属精密加工を行う、入曽精密とのコラボレーションで実現しました。入曽精密の強みである、“職人の技”“最新鋭機械”“IT”が融合したオリジナルテクノロジーによって、フェンダーミラーやアンテナなどの微細部分は、車体ボディと一体成形で削りだし、スピードメーターやハンドル、シートなどの内装も細部まで再現、今までにない『トミカ』を作り上げました。

今回は、40年前の1990年に発売した最初の『トミカ』のひとつ、『日産フェアレディ Z 432』を選択。大きさは、全長約7センチで、重さが約30gあり、車体はもちろん、シートやタイヤまで耐食性に強いアルミニウム(A5052)を使用。また、形状のみならず、『トミカ』であることにこだわり、『トミカ』の特徴でもある“ドアの開閉”“タイヤの可動”“サスペンション機構”も、通常の『トミカ』と同様にし、より完成度を高めています。車体の裏側のシャーシと本体を飾るアルミ製の台座表面には、トミカ40周年記念マークを切削しており、記念品として部屋に飾っておくのもいいでしょう。パッケージは、高級感のあるサテンの内張仕様です。

プラチナトミカ 漆塗りトミカ

なお、8月20日から開催される『トミカ博inTOKYO』では、『アルミ製トミカ』以外にも、同40周年記念製作の『プラチナトミカ(発売済み・700万円)』、『漆塗りトミカ(非売品)』を展示するだけでなく、30周年を記念して製作された『純金トミカ(発売済み・100万円)』も展示されます。

■関連記事
時価約700万円! 世界でひとつだけのシートやタイヤまで“純プラチナ製”『トミカ』
玩具の入った箱の窓を開けていく『みんなのアドベント 機動戦士ガンダム一年戦争編』など発売へ
【東京モーターショー2009】『トミカ』と『チョロQ』が競演する“もうひとつのモーターショー”

tukishimaの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。