ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Googleアカウントの2段階認証プロセスにUSBキーを利用した「セキュリティキー」方式を導入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 Google は米国時間 10 月 21 日、Google アカウントの 2 段階認証プロセスに USB キーを利用した「セキュリティキー」方式を導入したことを発表しました。これまでの 2 段階認証プロセスは、パスワードログイン後に SMS で送付または電話で伝えられる確認コードを手入力する必要があったのですが、今回発表されたセキュリティ キー方式は、登録済みの USB キーを PC に接続することで確認作業を実行できるというものです。これは、Chrome OS、Windows、Mac OS、Linux 上で Chrome 38 以上を動作させている場合に利用できます。セキュリティキーは「FIDO Universal 2nd Factor(U2F)」に対応したセキュリティキーデバイスならどれでも使用できます。セキュリティーキーを 2 段階認証プロセスで利用するには Google アカウントの 2 段階認証設定画面で登録操作を行う必要があります。セキュリティキー方式は、フィッシングサイトによる確認コードの傍受を防止でき、確認コードを入力する手間も省ける一方で、Chrome 以外では利用できず、USB ポートが必要になるのでスマートフォンでの利用には適していません。その場合は従来通りの確認コードを利用します。Source : Google Blog


(juggly.cn)記事関連リンク
Nova Launcherがv3.2にアップデート、Lollipopのアニメーションやアイコンが移植される
Xperia Z3 Tablet Compactの開封映像が公開
トレンドマイクロ、Android向け「ウイルスバスターモバイル」に不正アプリのダウンロードを未然に防ぐ「ダウンロードブロック」機能を10月28日に提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP