体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

比嘉愛未さんが「私も頼られたい」と思うほどタフな『Let’s note RZ4』 そのタフネスぶりを検証してみた

比嘉愛未さんが「私も頼られたい」と思うほどタフな『Let's note RZ4』 そのタフネスぶりを検証してみた

パナソニックが10月17日に発売した10.1型のモバイルノートパソコン『Let’s note(レッツノート) RZ4シリーズ』。タブレット形態にもなる“2 in 1”モデルながら約745グラムと軽量で、シリーズ伝統のタフなボディを備えた製品ですが、女優の比嘉愛未さんを起用したストーリー仕立てのウェブムービーが順次公開中。劇中で比嘉さんが「私も頼られたい」と思うほどの『Let’s note RZ4』のタフネスぶりを編集部で検証してみました。

『Let’s note RZ4』のタフっぷりが分かる『私も頼られたい』篇

公開中のウェブムービーは、比嘉さんが『Let’s note RZ4』を使いこなすデキる部長(そしてたぶんイケメン)に憧れているという設定。部長の仕事をサポートする『Let’s note RZ4』のように、自分もパートナーとして選んでほしいという心の動きを描いています。うらやましいぞ、デキる部長。

『私も頼られたい篇』より

現在、3本のウェブムービーが公開されていますが、ここでは『私も頼られたい』篇に注目。地下鉄で移動中、「そのレッツノートみたいにタフじゃないんですから」と部長を気遣う比嘉さんは、「私も頼られるように」という心の声に続いて、「もっと頑張ります」と部長の前で口に出してしまいます。突然の揺れでバランスを崩し、『Let’s note RZ4』をドアに押し付けてしまう部長。でも『Let’s note RZ4』は大丈夫。「大丈夫か?」と逆に部長から気遣われた比嘉さんが嬉しくなってしまうという内容です。

レッツノートRZシリーズ CM 「私も頼られたい」篇 比嘉愛未さん WEB限定公開【公式】(YouTube)
http://youtu.be/z1c44rO6mEw

『私も頼られたい篇』より

デキる部長がうらやましいのはさておき、本編で印象に残るのは電車のドアに押し付けられても大丈夫な『Let’s note RZ4』のタフネスぶり。ノートパソコンのようなデリケートな電子機器に、こんなことして本当に大丈夫なのでしょうか。実機をお借りして検証してみることにしました。

実機は軽さにビックリ!

実機が到着

実機が編集部に到着! 10.1型と、持ち運びに便利なモバイルノートパソコンです。

軽い

持ってみると約745グラムの軽さにビックリ。10.1型で“2 in 1”タイプのノートパソコンでは世界最軽量をうたっています。タブレットとノートパソコンの中間ぐらいの重さですが、感覚としてはほとんどタブレットと変わらないイメージ。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。