体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『IS01』の兄弟機? ドコモのスマートフォン『LYNX SH-10B』はどこが違うのか

『ワイヤレスジャパン2010』に『LYNX SH-10B』の実機が展示されています

7月14日から16日まで東京国際展示場(ビッグサイト)で開催されている展示会『ワイヤレスジャパン2010』に、NTTドコモ向けAndroidスマートフォン『LYNX SH-10B』の実機が展示されていると聞いて、取材に行ってきました。同じシャープ製で、5.0インチのタッチパネル液晶と5列のQWERTYキーボードを搭載するauの『IS01』とほぼ同じ端末のようですが、実際はどこが異なるのでしょうか。両者を展示するシャープブースで聞いてみました。

※すべての写真を見るにはこちらをご覧ください

キャリアが違う
当然ですが、まずキャリアが異なります。『IS01』はauから6月末に発売され、『LYNX SH-10B』はドコモから7月中に発売予定。後述しますが、『IS01』については、KDDIが製品開発にかなりの部分でかかわっていることが分かります。auにとっては初のAndroidスマートフォンということもあり、『IS01』には力を入れている様子。

デザインが違う

左が『LYNX SH-10B』、右が『IS01』

パっと見はほとんど同じなのですが、よく見るとデザインに違いがあるようです。『IS01』は『INFOBAR』などを手がけたプロダクトデザイナーの深澤直人氏がデザインを手がけたものですが、ブースの説明員によると『LYNX SH-10B』はシャープがデザインしたとのこと。

説明が難しいですが、実際に両者を目にして触った印象を強調すると、『IS01』は表面にシボ加工を施していることもあり、手になじむ“雑貨”的なデザイン。『LYNX SH-10B』は表面がツルっとして平面的な“家電”的デザインのように感じられます。

カメラ位置も同じだが『LYNX SH-10B』にはストラップ穴が

とはいえ、キーボードレイアウトも同じ、カメラやポインティングデバイスの配置もほぼ同じと、使い勝手に影響する部分はほとんど同じデザインと言ってよいでしょう。こだわるユーザーには大きな違いとなりそうな部分としては、『LYNX SH-10B』には底面を上にしたヒンジ側側面にストラップ穴があり、『IS-01』にはありません。

ソフトが違う

ホーム画面のデザインが異なる

ホーム画面のインタフェースデザインに違いがあります。『IS01』は、KDDIがスウェーデンのデザイン会社Ocean Observations社にデザインを委託。『LYNX SH-01B』はシャープがデザインしたものだとのこと。とはいえ、触ってみたところでは好みが分かれるほど大きな違いはなさそうです。

プリインストールされているアプリにも違いがあります。『IS01』にはアプリマーケット『au one マーケット』、ナビゲーションアプリ『au one ナビウォーク』といったキャリア独自のアプリに加えて、ARアプリ『セカイカメラ』を用意しています。『LYNX SH-10B』にはドコモ独自のアプリマーケット『ドコモマーケット』のほか、電子ブックアプリ『millmo Book Player for SH』、ARアプリ『UkiUkiView』をプリインストール。キャリア独自のもの以外は、ユーザーが任意にインストールできることから、アプリの面での大きな違いはなさそうです。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会