ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【炎上】ドラマ『ぬ~べ~』の雪女役の韓国人女性に災難!「和服が嫌だから衣装がチマチョゴリ風になった」とデマ拡散!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本テレビのドラマ『地獄先生ぬ~べ~』。原作は週刊少年ジャンプの漫画で、1993年から1999年まで連載が続いた人気作品である。それがついにドラマ化されたわけだ。

その第一話が2014年10月12日に放送されたのだが、最初の放送から炎上状態となっている。作品には「ゆきめ」という和服の妖怪が出演するのだが、和服ではなく韓国の伝統衣装「チマチョゴリ」を着ていたというのだ。

実際にゆきめの登場シーンを見て、原作のゆきめと比べてみたところ、確かに原作とドラマでは衣装に違いがあった。原作では朱色の帯に白い着物だったが、ドラマでは襟(えり)の部分から裾(すそ)の部分まで水色のラインが入っており、そのラインが外に広がるようにボリュームがある。

確かに純粋な着物とは言いがたいかもしれないが、はたしてこれはチマチョゴリなのか? ゆきめを演じているのは韓国人女優のジヨン(知英)さん。そういうこともあり、「チマチョゴリを着てた」と騒ぐ人が出ているのだろうか?

・チマチョゴリ派の声
「よく見たら着物じゃなくチマチョゴリ寄りだし…もう打切りにならないかなこのドラマ」
「ゆきめ役の韓国人の人、着物着たくないって言ったらしくて衣装がチマチョゴリ風になってるんですよね」
「反日理由で着物着たくないって言ってチマチョゴリの妖怪になるんだって話だよ」
「韓国人で宗教上着物アウトだから衣装がチマチョゴリ風になってたらしいお」
「ゆきめが着物ではなくチマチョゴリかいwww」
「たしかに着物っていうよりチマチョゴリ風だとは思ったけど、うーん」
「ぬ~べ~酷すぎて 大体なんでゆきめがチマチョゴリなん?」
「着物がチマチョゴリだしカタコトだし先生のことダーリンって言うし全てが違う」
「着物じゃなくてチマチョゴリ笑」
「着物着るの嫌だからチマチョゴリだぁ? 馬鹿じゃないの?」
「ゆきめの着物に違和感あるんだろって思ってたらチマチョゴリ風に改変してあるのか」

・チマチョゴリじゃない派の声
「じよんの服どう見てもチマチョゴリじゃないじゃん」
「衣装の着物がチマチョゴリって チマチョゴリ知ってんのかってな」
「ちょっと待って え、え、え、どこがチマチョゴリなん?」
「あれチマチョゴリ?? 私には着物にエプロンにしか見えなかったよ?」
「まぁ知英の着物チマチョゴリとか言うやつチマチョゴリ知らんやろwwwww」
「チマチョゴリよりは普通の着物だと思うんだけど…」
「てかチマチョゴリ見たことあるの?って話」
「着物着たくないとか言ってませんしチマチョゴリ風でもありませんチマチョゴリ知ってるんですか?笑」
「全部の結果、知英なにも悪くない。 ほんま、ただ気分悪くなるだけ」
「チマチョゴリには見えないよ〜 ミニ丈の着物でしょ?」

いろいろな意見があるが、実は「ジヨンが着物を着たくないからチマチョゴリ風の服装になった」という情報はデマの可能性が非常に高く、Twitterに書き込みした人物は、騒ぎが大きくなってからその書き込みを消した。

他の意見として「ぬ~ベ~実写化、確かに出来は悪いしゆきめさんにあのキャスティングなのは怒ってもいいけど、どんなにひどいからって着物NGと言ったとかチマチョゴリ風だとか嘘で叩いていいってことにはならないでしょうに」と、冷静な判断をしている人もいた。

「チマチョゴリの襟は胸元で不自然に色が切れるけどこれは裾まで色が伸びてるしチマチョゴリだってミニではないし着物のように下がまっすぐにならない。上の方の袖は多分振袖由来のものだし襟の色もよくあるアニメのような誇張表現かもしれない 着物の方が圧倒的に似ている」という意見もあった。

事実、ゆきめの衣装とチマチョゴリを見比べてみれば、チマチョゴリとまったく別物であることがわかる。完全な和服の着物ともいえないが、どちらかといえば着物に近い。

ドラマの出来に意見を書き込むのはいいが、デマを拡散するのだけはやめておこう。

掲載: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com
Via: 地獄先生ぬ~べ~

Buzz+ バズプラス
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP