ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

傘をビニール袋に自動的に入れるあの機械 実はダウンタウンの番組から生まれた発明

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


傘を突き刺して引っ張るだけで自動的にビニールに入れてくれるというビニール袋傘入機『傘ぽん』。今では雨の日になるとどこでも目にすることが出来るくらい普及している。それくらい日本中に広まったこの便利な機械。

実はこれ、素人が過去にテレビ番組『発明将軍ダウンタウン』にて出演した際にプレゼンし大絶賛されたのがきっかけで、今のように商品化されたのである。
当時の名前は『自動傘入れマシーン さしてパラダイス』という名前で外見は紫色。テレビに初登場の頃はそれこそ色すらなく骨組みだけだった。番組が徹底してバックアップするということで傘入れマシーン1000人イベントも決行。1000人が傘を持ち寄りみんなでその機械に傘を通していくというものである(実際には時間の関係で1000人の傘入れは出来なかった)。

今では日本だけでなく海外でも使われている『傘ぽん』。この番組が無かったら手で入れる日が続いてたかもしれない。

『発明将軍ダウンタウン』は名物キャラクターや名発明も登場。特にキワ立ったのが変な発明ばかりを出してくる素人の広島のおじいちゃんと岐阜のおじいちゃんである。その人とダウンタウンとの駆け引きが実に面白かった番組『発明将軍ダウンタウン』。
松本人志自身も『松風』や『耳かきロボット堀田堀子さん』『叩きだもみ夫くん』などのふざけた発明を披露していた。

司会が研ナオコとWコージに交代してから見なくなったけど……。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP