ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

八木蛇落地悪谷(メカAG)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

八木蛇落地悪谷(メカAG)

がけ崩れが起きた場所の昔の地名が「蛇落地悪谷(じゃらくちあしだに)」というすごい地名だったという話題だけど、「悪」とついてるから「悪い」という意味とは限らないと思うんだけどね。

「芦屋(あしや)」とかの地名はあちこちにあるよね。一般に「芦が生えている野原」という意味だとされている。地名って漢字と音とが錯綜するから、「悪谷(あしだに)」って「悪谷(あしや)」で「芦屋」なんじゃ?

なんか昔の人って漢字の意味あまりこだわらなかったのか、すごい漢字の地名ってあるよね。まあそもそも「地名」というのは、よその土地の人間が使うわけで、適当に「音」だけ聞いて、漢字を当てはめてたりしたのかもしれない。

「天の香具山」の「香具山(かぐやま)」も「香山」と書かれたり「高山」と書かれたり。たぶん「かぐやま」という日本語の名前が最初にあって、万葉仮名で「香具山」と表記し、さらに「香山(かぐやま)」と表記するようになったのだろう。

万葉仮名もだんだん時代が下ると漢字2文字の形が多くなってくる。いま我々が使ってる漢字も2文字の名前が多いよね。そこまでは理解できるんだけどそのうち「香山(こうやま)」と読むようになったんですかね?そこからさらに「高山(こうやま)」と。もともと3文字以上で「音」重視で表されてた漢字表記を形式を整えるために2文字にしてしまったために、地名の漢字の読み方がグチャグチャに。

   *   *   *

「邪馬台国」の「邪」とか「卑弥呼」の「卑」は現代の我々の感覚だとあまりいい意味じゃないけど、これにも2つ説があって、中国側が日本側を下に見ているから、わざとそういう字を当てたんだという説と、単にその音を表すメジャーな漢字を選んでるだけだという説がある。

中国には「韻書」というのがあって、漢字を発音順に並べたものがあるらしい。漢詩をつくる時に韻を踏むのに参考にするのだろう。んで同じ発音をする漢字のリストの1番目に出てくる字を「小韻の首字」というのだけど、「邪」とか「卑」はそれに該当する。つまり特に悪い意味の漢字を選んでるわけではなく、単純に同じ音の代表的な漢字を選んでるだけだと。

   *   *   *

「蛇落地」はなんかこの地に住んでいた龍を退治した時に、その頭が落ちた場所という伝説に由来するらしい。この伝説ってどれくらいの時代まで遡れるのだろう。そもそも漢字を音読みしてる時点で、なんとなく新しさを感じてしまう。

まあくねくね曲がった川を竜に喩えるのはよくあることだし、竜がしばしば洪水の象徴とされるから、その意味で洪水と関係ある可能性はあるけど。

   *   *   *

大蛇退治伝説はこれか。戦国時代1532年のことらしい。

「香川勝雄」 『Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/香川勝雄

ところでこのwikipediaの記述、

古の養義郷。阿武山と古川の間に位置する。かつて太田川は、阿武山(虻山、阿生山[2])の麓に環り流れていた。延喜2年の洪水の時、今井田の障子岩倒れ、為に水勢川筋が移り現在の位置となったと伝えられている。

「延喜2年」は「延宝2年」の間違いだよね。

「八木 (広島市)」 『Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/八木_(広島市)

「あさみなみ散策マップ(PDFデータ)」 『広島市役所』
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1210835372358/files/yagirutoomote.pdf

とかでは延宝2年(1674年)となっている。延喜2年といったら902年でえらく古いなと思った。902年と言ったら平安時代。1674年なら江戸時代。ぜんぜん違う(笑)。

   *   *   *

ただしこの辺りのことが歴史に最初に出てくるのは倭名類聚抄(935年)でその頃は「養我(ようが)」と呼ばれていたらしい。1152年には八木になったという。1000年以上前のことがわかるんだからすごい。

まあ1152年に八木だったなら、蛇落地というのは上述のように1532年の大蛇退治以降の名前だってことですな。当然だけど。ただもっと新しいんじゃなかろうか。伝説にちなんで地名が変わるのって、かなり後だよね。

あてずっぽだけど、明治11年(1878年)にできた浄楽寺(じょうらくじ)頃が怪しい。この頃に伝説と地名をくっつけたのではなかろうか。もしくは昭和23年(1948年)にできた龍華寺。境内には伝説にちなんで目を治した湧き水があるという。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年09月24日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP