ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto 360の屋外での視認性を確かめてみました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola の Android Wear スマートウォッチ「Moto 360」の屋外での視認性を確かめてみました。Moto 360 のディスプレイは、発売される前には有機ELだと伝えられていたこともあって、屋外での視認性があまり良くないというイメージがあります。しかし、実際には 1.56 インチ 320 × 290 ピクセルの液晶(LEDバックライト付き)なのです。1~3枚目の写真は屋外で設定メニュー、ウォッチフェイス、Google マップナビのナビ画面を表示した時の様子です。実際に目視しても写真と同じように UI などはハッキリと見えました。Moto 360 には輝度の自動調節機能もあるので、これを利用すれば、屋内では輝度レベルで「1(最低)」~「2」、屋外では「4」~「5(最高)」で変化していました。4 枚目の写真は屋内で Google マップナビのナビ画面を表示したところです。輝度レベルはおそらく「2」です。


(juggly.cn)記事関連リンク
GoogleとHTCが9インチ画面のNexusタブレットの開発で提携、WSJが報じる
スペックコンピュータ、スマートフォンで動画を撮影しながらバッテリーも充電できるハンドグリップ型モバイルバッテリー「Superhandle I」を発売
Galaxy Shopに展示されていた「Galaxy Note Edge」のベンチマークスコア

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP