ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食物アレルギー持ちの人に朗報!アレルゲン有無をチェックできるデバイス開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食物アレルギーを持つ人にとって、外食するときや、買ってきた加工食品を食べるときは気を使う。自身がアレルギーを持つ食材が含まれていないか丹念に調べなければ怖くて食べられない。

最近ではメニューや食品のラベルにアレルギー食材の使用有無が表示されるようになってきてはいるが、そうでないケースもまだ多い。そこで、アレルギー体質の人が安心して食事ができるようにと米国で開発中なのが、アレルゲンの有無をチェックできるデバイスだ。

■まずはグルテン検出タイプ

マサチューセッツ工科大学出身のコンビが立ち上げたスタートアップ「6SendorLabs」が開発を手掛けている。デバイス「Canary」はセンサーを備えていて、試験ユニット部分を食品につけるとアレルギーの有無がただちに分かるというもの。

アレルゲンはさまざまな種類があるが、差し当たってはグルテンを検出するデバイスを来年早々にリリースする予定でいる。

■アプリで情報共有も

デバイスとともに出す専用アプリでは、チェック結果が分かるだけでなく、そうした結果を他のユーザーと共有できるようにするとのこと。大手メーカーから出ている加工食品や、有名なレストランの品などにアレルゲンが含まれているかどうかといった情報をシェアすることで、ユーザー各人がいちいち検査する手間が省けるようになる。

多くのアレルギー持ちの人に活用してほしいと、価格は150ドル以下とする見込みだ。ただし、デバイス本体とは別売りの試験ユニットの価格は未定。

グルテンだけでなく、ピーナッツ、ソバ、エビ・カニ、大豆、乳製品などアレルゲンはたくさんある。そうしたものも検知するデバイスの開発にも期待がかかる。

6SendorLabs

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP